郵便局のスマホ決済、全国8,500局に拡大

公開日: : サービス

JP-Post-20200203

日本郵便株式会社は7月7日より全国約8500局の郵便局でキャッシュレス決済を順次導入すると発表した。

これにより郵便物などの支払いがクレジットカードや交通系ICなどの電子マネー、スマホ決済で行えるようになる。

全国の郵便局でスマホ決済が可能に

これまで一部の郵便局で対応していたキャッシュレス決済が全国の約約8500局に拡大することになった。

キャッシュレス決済の利用対象となるのは。郵便窓口で取り扱っている次の商品・サービスの支払い時となる。

  1. 郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃の支払い
  2. 切手、はがき、レターパックなどの販売品(印紙を除く。)の支払い
  3. カタログ、店頭商品などの物販商品の支払い

郵便局で対応するキャッシュレス決済は次のようになっている。

  • クレジット・デビット・プリペイドカード(非接触対応カードを含む。)
    VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、銀聯
  • 電子マネー
    交通系IC、iD、WAON、QUICPay+
  • スマホ決済
    ゆうちょPay、Amazon Pay、au PAY、d払い®、J-Coin Pay、LINE Pay、メルペイ、PayPay、楽天ペイ(アプリ決済)、アリペイ(Alipay)、WeChat Pay

前回→郵便局がキャッシュレス決済を開始、SuicaやAmazon Payなどに対応

2020年7月7日(火)以降の導入日は、下記リンク先の日本郵便Webサイト内より確認できる。

リンク:郵便窓口におけるキャッシュレス決済

よく一緒に閲覧される記事

Kindle本が最大50%OFF、語学関連本キャンペーン開催中

アマゾンジャパンの電子書籍サービスKindleにおいて9月27日ま

プライムビデオで映画レンタル100円実施中、劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」など対象に

アマゾンジャパンが展開している動画配信サービス「プライムビデオ」におい

15日間限定:キン肉マン復活と41周年記念で41巻まで無料に

怪獣に負けてばかりのドジなヒーロー・キン肉マンが週プレ復活掲載と最

→もっと見る

PAGE TOP ↑