郵便局がキャッシュレス決済を開始、SuicaやAmazon Payなどに対応

公開日: : ニュース

JP-Post-20200203

日本郵便は2月3日、郵便局の郵便窓口においてクレジットカード払いや電子マネー・スマホ決済に対応したことを発表した。

郵便局がキャッシュレス決済を開始

キャッシュレス決済に対応するのは郵便窓口で取り扱っている次の商品・サービスの支払いに対応するとしている。

  1. 郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃の支払い
  2. 切手、はがき、レターパックなどの販売品(印紙を除く。)の支払い
  3. カタログ、店頭商品などの物販商品の支払い

決済種類についてはクレジット・デビット・プレイペイドカードでは「VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、銀聯」。電子マネーは「交通系IC、iD、WAON、QUICPay+」、スマホ決済は「ゆうちょPay、Amazon Pay、au PAY、d払い®、LINE Pay、メルペイ、Origami Pay、PayPay、
楽天ペイ(アプリ決済)、アリペイ(Alipay)、WeChat Pay」となっている。

導入局については郵便局の説明ページに都道府県ごとにPDFで掲載されていた。

Source:郵便窓口におけるキャッシュレス決済

よく一緒に閲覧される記事

政府がモバイルルーター配布へ、通信は「自費」

共同通信は4月2日22時59分、新型コロナウィルスにより休校が続く

新型コロナウィルスの記録(東京)

新型肺炎・新型コロナウィルスにより東京オリンピックの開催が延期とな

新型肺炎・コロナウィルスの感染マップが公開、各地の死者数もカウント

2019年12月より中国武漢市で感染が確認された新型コロナウィルス

→もっと見る

PAGE TOP ↑