「Kindle Paperwhite」のroot化・脱獄方法みつかる

第10世代Kindle Paperwhiteを持っていたらシステムアップデートをする前に珍しい体験をすることができそうだ。

なんと、アマゾンの防水ブックリーダー(電子書籍リーダー)でroot化できる方法が報告されている。

「Kindle Paperwhite」のroot化・脱獄方法みつかる

アマゾン端末といえば「割安」かつ「それなりに使える」、そして少し手を加えればGoogle Playも使えるとして、Fireタブレットが同社の人気アイテムと言えるほど成長しており、そのユーザー数からFireタブレットのroot化や便利なツールキットと話題にも事欠かない。

しかし、今回はFireシリーズではなく、Kindleリーダーがroot化できたという話である。

対象となるのは第10世代Kindle Paperwhite(2018年モデルまたはKindle Paperwhite 4とも呼ばれている)で、海外ではジェイルブレイクしたければ直ちにWi-Fiをオフにしたほうが良いと案内されていた。

その理由はアマゾンがセキュリティホールを修正するシステムアップデートを配信しているからだ。

Kindle Paperwhite 2018 Jailbreak

今回、脱獄を行うことで次のようなことができたと報告されている。

  1. UIの変更
  2. フォントのカスタマイズ
  3. スクリーンセーバーの設定
  4. 他の電子書籍アプリをインストール

電子書籍リーダーはOSがシンプルなことに加え、ディスプレイが一般的なタブレットのような描写性能はなく、目の優しさを重視した造り。また、CPUやRAMなどパフォーマンスも高くないのでカスタマイズ範囲は狭い。

それでも4つめのカスタマイズを行うことで、Kindleで楽天Koboを読むといったことができるかもしれない。他にも脱獄者が増えればできることも多くなり、それが新たな脱獄動機に繋がりそうだ。

MobileReadのフォーラムではroot化・脱獄の手順などが紹介されている。

しかし、アマゾンが対策パッチを配布しているため、アップデート後のシステムバージョンで脱獄を試みると懲罰房、いや端末が文鎮化する可能性があるので注意しよう。

root化・脱獄の指南者は第10世代Kindle Paperwhite以外で試すことやファームウェアが5.13.4以降になっている場合は機能しないため、「絶対に実行しないでほしい」と伝えている。

Source:MobileRead

よく一緒に閲覧される記事

最大5000円OFF、Fire タブレットの4機種が値下げ中 #Amazonタイムセール祭り

アマゾンジャパンが開催中のタイムセール祭りにおいて、Fire HD 8

(目玉セール)第11世代 Fire HD10 タブレットが値下げ、前回の価格と比較 #Amazonタイムセール祭り

アマゾンジャパンが8月17日より開催しているAmazonタイムセール祭

#Amazonタイムセール祭り Kindle端末が値下げ中、前回・前々回と比較

アマゾンジャパンが8月17日より開催したタイムセール祭りの目玉商品とし

→もっと見る

PAGE TOP ↑