5.5型「GPD Win 3」のスペックと価格が発表、UMPCゲーミング最新モデル

公開日: : GPD ,

GPDとOne-NetBookの2社はUMPC、しかもゲーミングというジャンルで競い合ってくれている世界的に希少なメーカー、何よりも活動の手を休めないところが魅力だ。

今回GPDが新たに5.5型「GPD Win 3」のスペック構成と価格を発表した。

5.5型「GPD Win 3」のスペックと価格

GPDが18時間前に公式TwitterアカウントでIndeigogoでキャンペーンを開始する「GPD Win 3」の価格を次のように投稿した。

  • 1165G7+16GB LPDDR4x 4266+1TB Pcie Gen3 SSD IGG price: $969
  • 1135G7+16GB LPDDR4x 4266+1TB Pcie Gen3 SSD IGG price: $829
  • 1035G7 512GB WIN MAX $ 779

価格だけを見ると最小構成で779ドル(80,485円)、中間構成は829ドル(85,651円)、最大構成は969ドル(100,115円)。お得なのは公式でも案内している通り価格差5000円の中間構成だろう。

スペックを見るとメモリは最小構成が不明、それ以外は16GB共通となっており、ストレージは512GBと1TBの2種類が用意されていた。CPUについてはIntel公式から情報を集めたので掲載する。

  • Intel Core i5-1035G7
    =1.20 GHz(最大3.70GHz)TDP15 W、4コア(8スレッド)
    =リリース日:2019年Q3、価格320ドル
  • Intel Core i5-1135G7
    =最大4.20GHz、TDP28W、4コア(8スレッド)
    =リリース日:2020年Q3、価格309ドル
  •  Intel Core i7-1165G7
    =最大4.70GHz、TDP28W、4コア(8スレッド)
    =リリース日:2020年Q3、価格426ドル

 上記3つのプロセッサで最小構成の1035G7だけ昨年リリースされた古いCPUとなっている。

次にターボ・ブースト時を見ると最大構成のCore i7モデルが4.70GHzなのに対して中間構成は4.20GHzと大きく変わらず、かつ発売時期とTDPも同じとなっている。1165G7は内蔵ブラフィックスの実行ユニットが19多く、かつ希望カスタマー価格も約120ドル高いため、そこに選ぶ価値がありそうだ。

GPD WIN3 20201220

「GPD Win 3」は5.5インチの小さな筐体なのでTDP15Wの1035G7も魅力だが、コストパフォーマンスでは中間構成の1135G7モデルが良い。価格や処理性能ともにバランスの良い中間構成(1135G7モデル)に人気・出資が集まりそうだ。

GPD Win 3は、2021年1月にクラウドファンディングでキャンペーンを開始する予定となっている。

前回→15年前に逆戻り?新機種「GPD Win 3」の姿に賛否、スペック

Source:Twitter

よく一緒に閲覧される記事

早くも目標額の1,752%突破、8型UMPC「GPD Pocket 3」の出資募集スタート

中国GPDは日本時間11月8日、8インチの小型ノートパソコン「GPD

5.5型ゲーミングPC「GPD WIN3」が家電量販店で発売、スペック

リンクスインターナショナルは7月31日、Intel Coreシリーズ第

もはやSwitch?最新ゲーミングPC「GPD Win 3」のハンズオン動画

PCゲームをNintendo Switchのような端末で楽しみたい

→もっと見る

PAGE TOP ↑