脱インテルか、Microsoft自社で半導体を設計へ

公開日: : Microsoft Surface

Microsoftがクラウドサービス向けサーバーとSurfaceシリーズ向けに自社設計のCPUを搭載する計画を進めているとロイターが報じている。

すでにAppleが2年間かけてIntelプロセッサから自社製品に乗り換えることを発表している。

Microsoft自社で半導体を設計へ

ロイターは2020年12月19日、Microsoftの事情に詳しい関係者から得た話として英国の半導体メーカー大手ARMの技術を利用して、自社でCPUを設計・開発する計画があると伝えた。この報道は最初にブルームバーグが報じており、それに続く報道となる。

Microsoftは、すでにスタートアップのアンペア・コンピューティングをはじめ、マーベル・テクノロジー・グループ、クアルコムとも共同でプロセッサの開発を進めているとも伝えた。

Appleは現在M1チップを搭載したMacを発売しており、今後2年間をかけて自社チップに切り替える計画を明らかにしている。

Surface laptop go 202010020952

スマートフォンに比べて買い替え頻度が少ないサーバー・PCは、利用者層も限定的、さらに長らく競合がAMDしかいない独占状態で技術革新が起こりにくい半導体分野。そこに起こったAppleシリコンの衝撃が恐竜となったIntelの楽園に激震を与えている。

Source:ロイター

よく一緒に閲覧される記事

日本マイクロソフト「Surface Laptop 4」発表、スペック

日本マイクロソフトは4月14日、Surfaceシリーズの新モデルとして

2画面「Surface Duo」が約5万円OFFに

Microsoftが2020年8月に正式発表した2画面タブレット「

脱インテルか、Microsoft自社で半導体を設計へ

Microsoftがクラウドサービス向けサーバーとSurfaceシリー

→もっと見る

PAGE TOP ↑