Suicaサービス拡充へ、東北3県エリア拡大や地域ICカード連携など

公開日: : 周辺機器 ,

JR東日本は2021年4月6日、青森県/岩手県/秋田県エリアの拡大するほか、現在の各改札駅で計算していた運賃をサーバーに集約するクラウド化といった方針を発表した。

今後はモバイルSuicaなどで多彩なサービスが提供できるようになるとしている。

地方でもモバイルSuicaが利用可能に

今回の発表内容はJR東日本が目指すグループ経営ビジョン「変革2027」の地方活性化がベースとなっており、東北3県は3つのエリアをあわせて44駅でSuicaが利用可能になる。

サービス開始時期は2023年春以降、下記の対象駅でSuicaによるタッチ&ゴー、Suica定期券が利用できるようになるとのこと。

JR 20210407115136

上記のSuicaエリア拡大では、新たな改札システムを使用する予定だとしており、現行の自動改札機とは異なりSuicaの主要機能(運賃計算など)をセンターサーバに集約するという。

Suicaの発行枚数は2021年3月末時点で約8590万枚に達しており、それを活かした地域の交通サービスとの連携を計画。

記事末尾のPDFでは「地域連携ICカードの導入状況」が都道府県ごとに表示されており、すでに導入済みの岩手県と栃木県をはじめ、青森県から群馬県までタクシーや電鉄・バスでSuicaが利用可能になるようだ。

JR東日本のSuica導入状況や予定は下記リンクより確認できる。

リンク:JR東日本(PDF)

よく一緒に閲覧される記事

コンセント直差し無線ルーター「WN-DX1300GRN」購入レビュー

コンセント周りを一掃できたらと固定電話を解約し、FAXをオンライン化し

プロも使うメトロノーム・アプリ「Smart Metronome & Tuner」を購入した話。

はじめは安くても定価1万円以上の伝統ある木製メトロノームを購入するつも

サンワ、iPad/Android対応のUSB-Cマウス「MA-BLC194BK」発売

サンワサプライは4月15日、USB Type-Cコネクタを搭載した、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑