本日終了、楽天モバイル「1年間0円キャンペーン」が最終日に

公開日: : モバイル通信

Rakun-Un-LIMIT-review_8864-01

楽天モバイルが2020年4月8日より開催している「1年間0円キャンペーン」が本日2021年4月7日23時59分で終了となる。同キャンペーンは予定上限300万回線を突破していたが、終了日まで継続された。

最新の楽天モバイル関連ニュースやレビュー記事を振り返る。

楽天モバイル「1年間0円キャンペーン」最終日

本日終了する1年間0円キャンペーンは、1人1回線に限り楽天モバイルが無料で利用できるというお試し契約だった。

2021年4月1日より「Rakuten UN-LIMIT VI」が月間1GBまで月額0円として提供すると発表、キャンペーン終了後も0円運用できるSIMカードとなっている。

楽天モバイルは過去にレビューしたように対象エリア内であっても通信状況が弱いことがあり、当時はauパートナー回線に切り替わることが多かった。

先日、KDDIが山間部や地下など一部を除き東京都内におけるパートナー回線提供終了を発表したため、楽天回線が圏外になったときの状況も気になる。

また、新たに郵便局との連携も発表、月額0円という衝撃プライスだけでなく今後も話題をつくりそうだ。

ちなみに楽天モバイルの解約記事にも書いたが、解約はアプリから簡単に行えた。(2021年3月のスピードテスト記事へ)

1年間0円キャンペーン対象は本日2021年4月7日まで、楽天モバイル未契約で今後利用する可能性があればキャンペーン期間中に申し込んでおくとお得に利用できるだろう。その一方で、本日から1年間はお試し契約ユーザーも存在する「試用期間中の回線」という捉え方もできる。通話アプリが途切れるといったことが短期間で改善されない可能性もあり、そのための「新プランも月額0円」かもしれない。過度な期待はしないほうが良いだろう。

関連記事:月額400円=5GB/通話し放題の格安SIM実現へ、IIJmioと楽天モバイル併用を考える

→最新のキャンペーンやエリア状況は楽天モバイル

よく一緒に閲覧される記事

月額5200円のPixelスマホ付きサブスク、Google「Pixel Pass」発表

米Googleは日本時間2021年10月20日、新製品発表イベント「P

月額550円から?速度は?ドコモ「エコノミーMVNO」発表、最大の注意点が明らかに

ドコモの発表が遅れるたびに期待が高まっていた「ドコモの小容量ブランド」

ペン対応「Kobo Sage」発表、Kobo スタイラスの機能と注意点

楽天グループのRakuten Koboは2021年10月6日、電子書籍

→もっと見る

PAGE TOP ↑