FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

公開日: : その他・中華タブレット ,

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRONTIER」からWindows 10 Proを搭載した10.1型2in1タブレット「FRT230P」を発表した。

発売日は2021年4月30日、FRONTIERダイレクトストアにて販売している。

FRONTIERが「FRT230P」発売

「FRT230P」は着脱式のキーボードをセットにした2in1タブレットの最新モデル。現行の「FRT220P」から変わった点としてCPUが「Celeron N3350」から「Celeron N4020」にアップグレードされた。

主な使用は10.1インチ(1280×800)、メモリ4GB、内部ストレージはeMMC64GB、OSはWindows 10 Proをプリインストールする。

通信はWiFi5、Bluetooth 4.2に対応。

インターフェイスは、前面と背面ともに200万画素カメラ、スピーカーは0.8Wx2基、USB Type-C 3.2 Gen1×1、USB Type-A 3.2 Gen1×1、microSDカードスロット×1(最大256GB)、miniHDMI×1、マイク/ヘッドホン×1を備える。

駆動時間は約6.2時間。

Frontier FRT230P

本体サイズはタブレット単体で260x10x174mm、重量は635g。キーボードが260x13x174mm(500g)。

FRONTIERダイレクトストアにおける直販価格は36,800円。

リンク:FRT230P

よく一緒に閲覧される記事

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

ドンキが7型UMPC「NANOTE P8」発売、スペックの違いと価格

ドン・キホーテは4月20日、オリジナルブランド「情熱価格」より7型ノー

→もっと見る

PAGE TOP ↑