たった1つのiPad mini 6 購入理由、最高のメリット。

公開日: : 最終更新日:2021/11/11 Apple , ,

「iPad mini 6へ買い替える予定はない」と記事にしていたが、とある価値に気付いてからオンリーワンの存在だと思い知らされた。

災害対策と日頃の利便性、そしてシンプルライフの向上において有効な一手だと思っている。
この買い替えで卒業できたのはiPad mini 5だけではなかったという話を記録したい。

IPadmini5 vs iPadmini6

iPad mini 6へ買い替え、ただ1つの理由。

2021年リリースの最新タブレット「iPad mini 6」はホームボタンを廃止して電源ボタンに指紋センサーを内蔵、ベゼルレス化により画面も7.9インチから8.3インチへと拡大している。

さらにApple Pencil 2に対応してペンを筐体へマグネット装着するワイヤレス充電が行えるほか、USB-Cへの変更など外観から大きな変化を遂げた。

しかし、今回の買い替え理由に上記アップデート内容は含んでいない。

私は「iPad mini史上初の逆充電できるタブレット」という事実を掘り下げた時、ようやく次の小さくて大きな違いに気付けた。

  • iPad mini 5 = 小型タブレット
  • iPad mini 6 = 多機能なモバイルバッテリー

たった1つ、この1つが大きな違いだと思う。

最初は「逆充電できるんだ、へぇー」くらいだったがシンプルライフを目指していく中で視点を変えたとき、その違いは大きかった。

今回、気付くのが遅れたのは先に逆充電を採用していた「iPad Proの存在」だと思う。

iPad Proでも良いのでは?

IPad HT209186

画像:iPadやPixelはモバイルバッテリーになれるか、逆充電の話。より

iPad Proでも逆充電は行えるし、それができたから何なのかという意見もあるだろう。私にとっては「モバイルバッテリー」に抱いていた次のような感情がある。

  • 災害・常用のモバイルバッテリーを1つにまとめたい。
  • 電池しか価値のないモバイルバッテリーに変化を。
  • 頻繁に充電したくなるモバイルバッテリーはないのか。

これがIPad Proだと大きくて重すぎて、外出時だけでなく災害時にも携帯したいと思わないだろう。
そう、小さめのバッグにも入る小型タブレットであることが重要なのだ。

ARCTERYX MANTIS2 Review  2

画像:iPad mini 5を入れたマカ2の後継モデル「ARCTERYX マンティス2」購入レビューより

東京では大地震や噴火による影響で長期間の停電が予想されていてバッテリーカーでの給電に頼ることになるはず、その際に夜間のLEDライトを緊急通話やデータ通信の要であるiPhoneに頼るのはリスクだと思っていた。(災害時は家具や懐中電灯などの小物が凶器になるのでモノは極力減らしたいという前提がある)

その一方でモバイルバッテリーやエネループなどの電源管理から開放されたがった自分もいた。
(手放す際、区役所にある電池回収ボックスではなくメルカリ等で換金できるのもメリット)

頻繁に充電したくなるモバイルバッテリーを。

私はiPad mini 6を購入しない理由としてUSB-CポートがiPhoneになく2本のケーブルが必要になるからとか、iPad mini 5から新しい体験ができないとか書き連ねていたが、今はiPad mini 6を「画面付きモバイルバッテリー」として見ている。

そのため、USB-C搭載モバイルバッテリーに対して一切の不満はない。

ただ偶然、これまで引き出しで眠っていたモバイルバッテリーで次のことができるようになった。

B091KLF4B1

  • iOS連携でメモ・写真やアプリ間のデータ共有できる。
  • 最新ゲームやブラウザが快適に使える。
  • 手書きメモが行える。
  • iPhone電池切れ時、作業を引き継ぐ。
  • 大画面iPhoneよりも迫力ある動画・ゲームを楽しめる。

手持ちの「iPad mini 5」は上記のことがメインであって、特に何も感じなかった。

しかし、文鎮のように引き出しを重くしているモバイルバッテリーとして捉えると頻繁に充電したくなるほど多機能、突然の災害でもiPhoneと変わらない優先度で探し求めるだろう。

地震が多くなる冬にスマートフォンで動画視聴しながら寝落ち、そこで災害発生するとiPhoneの電池が残りわずか!災害アラームを通知するだけの電池残量に!
そういう時に半年前に購入して数ヶ月前に充電したような記憶があるモバイルバッテリーよりも、頻繁に充電しているiPad mini 6が活躍すると思っている。

iPhoneとiPad miniの電池容量。

Appleはデバイスの電池容量を公表していないが、修理業者などが解体して次のようなバッテリー容量と紹介している。

  • iPhone SE(第2世代):1,812mAh
  • iPad mini 6(2021):5,124mAh

薄く小さな筐体のためモバイルバッテリーとしては頼りない容量だが、少なくとも1回は手持ちのiPhone SE 2をフル充電できそうな容量差となっている。これなら緊急通話やメッセージ送受信をできる電池は確保できそうだ。

iPad mini 6はアプリ通話・ビデオ通話、LEDライト、情報収集といった作業にも使えるのでiPhoneのバッテリー節約として貢献できるし、iPhoneが家具転倒などで破壊された時は最終の連絡手段になることも想定される。

そういったことから記事冒頭で書いたように卒業できるのはiPad mini 5だけでなく、モバイルバッテリーも含まれる。

コンパクトに暮らしたい私にとって、iPad mini 6の予備電池だけで十分と判断した。

iPad mini 6の仕様を選ぶ。

最後にiPad mini 6の仕様、次のようにした。

  • 仕上げ:スペースグレー
  • ストレージ:256GB
  • 通信:WiFiのみ

カラーは落ち着いたスペースグレー、出口戦略としても良い色だと思う。

ストレージは使用中のiPad mini 5と同じ256GBを選んだ。(iPad mini 5の使用済み領域は91.8GBで、もう1つの選択肢64GBでは足りないと判断)

通信は過去に何度かセルラーを購入したものもレビューでしか使った記憶がないのでWiFiのみで十分。

毎年モバイルバッテリーの電池交換がてらiPad miniをメルカリ等で売っては、新モデルを購入することにしたので刻印サービスは不要。Apple Pencilは意外と使っていないので保留した。

Smart FolioというかワイヤレスキーボードはMacアプリ「KeyboardMaestro」並みの自動化を実現できるようになったら買う予定だ。

iPhone SEとiPad miniのホームボタンには魔女の宅急便に登場する古いラジオ端末のような魅力を感じていて寂しさもあるが、OSのアップデート期限もあるので長く立ち止まるわけにはいかない。

IPadmini6

2021年11月をもってモバイルバッテリーを整理する。

しばらくはスマートフォンとタブレット、ケーブル2本を携えて暮らしていこうと思う。

続き→iPad mini 6が在庫切れに、購入店舗の話。

前回の話
iPad mini 6は買いか、iPad mini 5との違い。

よく一緒に閲覧される記事

iPadメモ帳ケース活用術、紙1枚で成長「白紙法」の話

先日購入したiPad mini 6のメモ帳ケース、Apple専用品では

iPhone 14はノッチ廃止やRAM8GBなど4項目をアップグレードか

Appleの次期iPhoneについて、カメラレンズの仕様が変わりノッチ

第3世代iPhone SEは2022年Q1に発表か、5G対応など

次期iPhone SEについて台湾の調査会社が2022年の第一四半期(

→もっと見る

PAGE TOP ↑