価格コムで1位の防水BTスピーカー「SONY SRS-XB13」が21%OFFに、主な機能をチェック

公開日: : 周辺機器

アマゾンジャパンのタイムセールにおいて、価格コム売れ筋ランキング1位(価格コムへ)となっているソニーの防水ポータブルスピーカー「SRS-XB13」が21%OFFで販売されている。

SONY SRS-XB13とは。

ソニーの製品ページにある特徴には次のような特徴が書かれていた。

  • 直径46mmのフルレンジスピーカーユニットを搭載
  • コンパクトながらクリアに広がるサウンドを楽しめるソニー独自の技術「Sound Diffusion Processor」を搭載
  • 重低音とボーカルなどの中高域を広がりのある高音質で楽しめる。
  • 本体底面に低音を増強させる「パッシブラジエーター」を配置。キレと存在感のある低音域を実現。

また、防塵防水性能はIP67と高く、レビューを見ても浴室での使用を目的としている声も多くみかけた。

  • 防水性能は、水深1mの水中にスピーカーを最大30分間入れても浸水しないと定義(IPX7相当)
  • 防塵試験用粉塵が本製品内部に入らないように保護(IP6X相当)

同梱のマルチウェイストラップを使うことで、スピーカーグリルを上向きにも下向きにもかけられるとしており、パラソルやお風呂のラックなどに吊るしたときも音楽を自分に向けて鳴らすことができる模様。

Android端末とはペアリングモードにして機器を近づけるだけでペアリングできるGoogle Fast Pair機能を搭載。

ステレオ機能と再生機能

浴室などスマートフォン本体が手元になくてもスピーカー本体の操作ボタンから再生/一時停止、曲送り/曲の頭出しが可能。

モノラル1台で販売されているが、SRS-XB13を2台一緒につなげてBluetooth接続することで、ステレオ再生で音楽を楽しめるStereo Pair機能を搭載。

携帯電話やスマートフォンにHFP/HSPでBluetooth接続されていない状態が15分続くと、スピーカーのバッテリーを節約するために自動的に電源が切れるオートスタンバイ機能を搭載。

価格・セール

「SRS-XB13」はソニーストアで定価8250円にて販売されており、アマゾンでは販売者Amazon.co.jpのもとで参考価格7700円、今回は21%OFFとなる6084円にて販売されていた。

ちなみに価格コムで売れ筋ランキング6位となっている「JBL GO3」(価格コムへ)がAmazonで過去最安クラスの3091円へと値下げされているが、レビューをみると充電端子部分が焦げたという写真付きのレビューが多く危険と判断したので、ここで紹介する程度にする。
→レビューや最新価格はアマゾンの「JBL GO3」販売ページ

なお、ソニーの「SRS-XB13」の販売ページにあるレビューは519件となっており、ステレオモードが動作しないなど使用報告もあるため用途に応じて動作を確認できそうだ。

→最新の価格・レビューはAmazon販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

SwitchBot、鍵をシェアできる「キーパッド」「キーパッドタッチ」を発表・価格

SwithBot株式会社(東京都目黒区)は7月4日、既存の玄

SwitchBot製品が8月1日より値上げ、新旧価格リスト

SWITHCBOT株式会社(東京都目黒区)は7月1日、コンシ

AirPods ProやApple Watchなど値下げに、楽天が月に1度のFLASH BARGAIN開催中

楽天が月に1度の最安値挑戦を目指すというFLASH BARGAINを

→もっと見る

PAGE TOP ↑