AYA Neo Airの新たな画像リーク、スペック

公開日: : 周辺機器 , ,

AYA Neoが2022年5月中旬にも発売予定の新たなハンドヘルドゲーミングPC「AYA Neo Air」について、4月からリーク画像を投稿しているTwitterアカウント Tudo Ben氏から新しいリーク画像が投稿された。

AYA Neo Airのスペック。

Twitterアカウント Tudo Ben氏は日本時間5月3日は、興奮した様子のメッセージとともに「AYA Neo Air」の新しい画像を投稿した。

上図では天面ボタンと前面のディスプレイ横にある物理キーを確認することができる。

さらに日本時間5月4日になってから新たな画像を連投、天面ボタンのカラーはグラデーションになっていることを伝えた。

同氏は、この配色についてプレミア感を覚えると投稿している。

AYA Neo Airのスペック。

これまでAYA Neo AirについてはNintendo Switch Liteと変わらないサイズ(僅かに大きい)であり、420gよりも軽いことが発表されている。

また、Switchとは異なりx86プロセッサを搭載したWindows端末であることも大きな違い。

プロセッサについて詳細は明らかにされていないが、TDP12Wで動作することからRyzen 5000シリーズを搭載するのでは噂されている。

AYANEOが公開した公式画像から、AYA Neo Airには2つのUSB-Cポートとイヤホンジャック、microSDカードスロット、アナログスティック、107%のNTSCをサポートしたOLEDディスプレイを搭載する可能性がわかる。

また先ほどのTudo Ben氏が4月24日に画面サイズは5.5インチから6インチになり、1080pになると投稿している。最近の投稿を見る限りプロトタイプかは不明だが、実機を所持している可能性があり期待できる情報と言えそうだ。

前回、AndroidタブレットにSwitchの画面を映すという記事に使用したChuwi端末もリーク情報を取り上げた際に同社がプロトタイプを送付してくれたという経緯があり、十分にありえる話。

ハンドヘルドゲーミングPCはSteam Deckが大きな話題となっているが、昔からのGPDやOne-Netbookの端末も磨きをかけてきており、「AYA Neo Air」の性能と価格のバランスが注目される。

ハンドヘルドゲーミングPC「AYA Neo Air」は2022年5月中旬に発売予定のため、近く価格やスペックが明らかになると思われる。

Source:Twitter

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑