防水1650lmの「WAQ LEDランタン 2」を注文、選んだ理由。

公開日: : 最終更新日:2022/05/30 周辺機器 , ,

先日ルームランプを日常だけでなく防災用にも使えるタイプにしようと記事を書いた際、プラススタイルの「LEDホームランタン」(Amazonへ)を購入するつもりでいた。

しかし、最終的にWAQのLEDランタン2を注文、その理由を記録しておく。

「WAQ LEDランタン 2」を選ぶ理由。

最後まで悩んでいたのはプラススタイルの「LEDホームランタン」と無印良品のランタン(Amazonへ)で、どちらも「置くだけ充電」に対応していた。

なぜ断念したのかというと「LEDホームランタン」は楽天のレビューで「置くだけ充電」使用時に充電ランプが目立って困るという投稿を見かけたほか、Alexaなどに対応する無線モードは電力消費が激しく一晩もつかどうか怪しく、専用アプリとAlexaなどでできることが大きく異なることもわかり、最終的にオフラインモードで使うだろうなと思ったこと。

その機能がなくなると、今度は生活防水レベルでは物足りないし、最大300lmは暗すぎるように思えた。

無印良品ランタンは最大70lmと暗すぎること、レビューで駆動時間が短いという声を何件か見かけたため断念した。

そうして撮影用のビデオライトにモバイルバッテリーをつけたようなランタンである「WAQ LEDランタン 2」などのジャンルへと辿り着いた。

このジャンルではルーメナーというブランドが高額ながら人気、その次に今回のWAQがあり、それを追い駆けるようにSuperwayのランタンがあった。

もちろん類似アイテムは中華ブランドから複数販売されていたが発火などの報告があり、モバイルバッテリー内蔵しているものは国産を選ぶと決めていたこともあって、MADE IN CHINAながら日本企業のWAQによる検品を信じて購入することにした。

「WAQ LEDランタン 2」とは、スペック。

ランタンというとキャンプに映えるアイテムの1つだが、「WAQ LEDランタン 2」のようなビデオライト系ランタンは実用性に振り切ったデザインと言えるだろう。

その代わり、次のようにスペックが飛び抜けている。

  • 明るさ:最大1650lm
  • 防塵防水:IP67相当
  • バッテリー容量:13,400mAh
  • 充電能力:USB-AはQC3.0、USB-CはPD22.5Wに対応
  • 背面:マグネットとハンドルに対応。

驚くべきは先ほどのランタンで最大の明るさにしたような250lmであれば60時間も点灯できるというところ、この時点で飛び抜けている。

明るさを最大にした1650lmであっても8.5時間も駆動するのも素晴らしい。

サラッと調べたところ一般白熱電球100W相当はルーメン換算で1500lmらしい。それよりも明るい150W=2400lmなので110W程度の明るさがあると言えそうだ。そして、それを内蔵バッテリーで8.5時間も点灯可能。

ルームランプの代わりを探しているトリッキーな自分にとって、その魅力に抗う術はなかった。

フル充電時であればiPhone 13 Proを2.5回まで充電できると説明があり、防災の面からも頼もしい。

USB-Cで充電できるので日中はスマートフォンやタブレットの充電ついでにランタンも補充、夜に活躍してもらう予定だ。

また、生活防水レベルが多いランタンの中で優秀な防塵防水性能IP67に準拠、完全防水IP68ではないため水中での操作はできないが、iPhoneに次ぐ光源となってくれそうだ。

他にも背面マグネット+ハンドルにより天井から吊るした際に、天井ライトのような使い勝手になるところも素晴らしいと思っている。日常では同モードをメインで使用することになるだろう。

さらに三脚ネジを備えていて、ビデオライトとして一眼レフの上に設置したり、付属のカラビナを使ってバスルームの竿にかけたりと、アウトドア製品らしい縦横無尽ぶりに惚れてしまった。

「WAQ LEDランタン 2」で変わること。

現在、撮影用のビデオライトを持っているが何だかんだで日中に撮影した方が自然な明るさで編集しやすいため年数回しか使用してこなかった。その割には収納バッグを含めて場所を取るし、一度設置してしまうと電源ケーブルも含めて片付けが大変だった。

このビデオライトを卒業できるかもしれない。

次にルームランプ、雰囲気を重視してレトロな形状を選んだがスマートプラグなどを導入しても使い勝手の向上には限界があった。その応えが今回のランタンに繋がっているので勉強になったアイテムでもある。

このレトロなランプも卒業したい。

どちらかというと「WAQ LEDランタン 2」は無機質なアイテムだと思う。好んで味気ない部屋にしたいわけではないが、GR3xの写真から始まった「自分らしい風景さがし」という遊びの1つを続けたいのだ。

運が良いかの判断は気分によって変わるが、ちょうどAmazonタイムセール祭りで1000円OFFになっていて、最大10%還元キャンペーンも併用できるので注文に踏み切ることができた。

明日には届く予定、実際に使用した感想をレポートしたい。

続き→暮らしの明かりとして「WAQ LEDランタン 2」は使えたか、レビュー・感想。

→最新のレビューや価格はAmazon販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

SEGAのゲームが最大90%OFF、オータムセール2022開催中

株式会社セガは9月14日、PlayStationȒ

(20%OFF)小さな65W充電器「Anker Nano II 65W」が値下げ中

アンカー・ジャパンが65Wのパワフルな小型充電器「Anker Nan

FOSSILが最大60%OFFに、ハイブリット腕時計などスマートウォッチ値下げ中

アマゾンジャパンが開催中のタイムセール祭りに合わせてFOSS

→もっと見る

PAGE TOP ↑