RAM3GB/10.1インチ「TECLAST P25T」が特価11,815円に、Fire HD 10 とスペック比較

公開日: : Teclast , ,

TECLASTは2022年9月19日、新しいタブレット「TECLAST P25T」は低価格ながらRAM3GBやUSB-Cポートを備えて定価14,900円(発売記念2000円OFFクーポンあり)を発売すると発表した。

Google Playがインストール可能などAmazonのFire HD 10とは異なる魅力を備えている。

そんな「TECLAST P25T」と「Fire HD 10」(RAM4GBのPlusモデルはでない)でスペック比較しながら特徴をチェックしていきたい。
(Fire HD 10の価格は32GBモデルが15,980円、64GBモデルが19,980円)

UPDATE:2022/10/04
底値更新、記事末尾に追記。

「TECLAST P25T」のスペック・特徴

ディスプレイとサウンドを比較する

はじめに「TECLAST P25T」のディスプレイを見ると10.1インチで1280×800(アス比16:10)というHD解像度のIPSパネル、サウンド面ではヘッドホンジャックとデュアルスピーカーを搭載している。

「Fire HD 10」は1920×1200に3.5mmステレオジャックと内蔵Dolby Atmosデュアルステレオスピーカーを搭載、フルHDで動画視聴できるほかドルビーアトモスも楽しめるといった強みがある。

スピーカーについては動画視聴で横向きにした際、「TECLAST P25T」は短辺の片側にデュアルスピーカーが集中しているのに対して「Fire HD 10」は天面に配置されている。

そのため、映画で恐竜が左から右へ駆け抜けるといったシーンでは「Fire HD 10」の方が臨場感を楽しめそうだ。

SoCとRAM、ストレージを比較する

「TECLAST P25T」は‎中国チップメーカーAllwinner Technology Co. Ltd.がタブレット向けに設計したという低消費電力を強みとするSoC「Allwinner A133」を搭載、同社の製品仕様情報(PDFへ)を調べたところCPUは以下のようになっていた。

  • Quad-core ARM CortexTM-A53@1.5GHz
  • 32 KB L1 I-cache + 32 KB L1 D-cache per core, 512 KB L2 cache
  • Low-power CoolFlex™ power management architecture

続いてGPUは次の通り。

  • IMG PowerVR GE8300
  • Supports OpenGL ES3.2, Vulkan1.1, OpenCL1.2

CPUは最大1.5GHzクアッドコア(Teclast販売ページでは1.8GHz表記)ということで、「Fire HD 10」の2.0GHz オクタコアには敵わない。

次にRAMを見ていると2機種とも3GB搭載となっていた。

ストレージは「TECLAST P25T」が64GB、「Fire HD 10」は32GB / 64GBとなっており、2機種ともMicroSDカードスロットを備えている。

そのため、ストレージでは「TECLAST P25T」に軍配があがる。

その他、カメラなど

カメラ性能は2機種とも前面200万画素/背面500万画素と同じだったが、「TECLAST P25T」には暗い時に便利なLEDフラッシュライトが搭載されていた。

本体サイズと重量は以下の通り。

  • TECLAST P25T:245 x 152 x 10mm、540g
  • Fire HD 10 : 247 x 166 x 9.2mm、465g

重量に影響を与えるバッテリーは「TECLAST P25T」が5000mAhと明記しているが、『Fire HD 10」は最大12時間駆動と濁している。

2機種ともUSB-Cポートを備え、『Fire HD 10」は9W充電アダプタで約4時間と記載あり。

価格の話、比較まとめ

「TECLAST P25T」(容量64GB)は定価14,900円、発売記念として販売ページで配布中の2000円OFFクーポンを適用すると12,900円で購入可能

次に「Fire HD 10」は32GBモデルが15,980円、64GBモデルが19,980円。

Amazonタイムセール祭りの中でもプライムデー級の値下げが実施されると32GBモデルは9980円になったこともあるが、それは2021年7月の話で最近の円安を考えると2022年7月の10,480円が新たな底値になっている可能性がある。

また、64GBモデルの方は2022年7月で底値14,480円(2021年7月は13,980円)を記録している。

ディスプレイやSoC性能、保証面やレビューの多さから来る安心感を考慮すると「Fire HD 10」は魅力的だが、Google Play対応や背面LEDライトにストレージ64GBで発売記念セール特価12,900円という「TECLAST P25T」は攻めた製品だと思った。

UPDATE:2022/10/04
定価が1000円安く13,900円となった状態でAmazonタイムセールにより15%OFF(2085円引き)となる特価11,815円にて販売中。アマゾン販売期間20日の中では底値となっている。

→最新のセール状況と紹介動画は「TECLAST P25T」販売ページ
→比較した際に情報収集した「Fire HD 10」の販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑