アマゾン、10.2型「Kindle Scribe」発表・価格一覧・発売日・スペック(ペンで出来ること)

公開日: : 最終更新日:2022/09/30 Amazon Kindle , , ,

アマゾンジャパン合同会社は9月29日、手書き入力をサポートした電子書籍リーダー「Kindle Scribe (第1世代) – 2022年発売」を発表した。

付属するペンはスタンダードとプレミアムから選ぶ形となっている。

すでにAmazon.co.jpでは予約注文の受付中。

10.2型「Kindle Scribe」の価格・発売日・スペック

目玉機能となるペンは日本でもスタンダードとプレミアムが用意され、販売ページを見るとスタンダードペン付きモデルはストレージ容量が16GBしか選択できなかった。

プレミアムペン付きモデルは16GB/32GB/64GBから選べる。

スタンダードペンは次のような機能が特徴。

  • 充電・事前のセットアップ不要
  • マグネット着脱に対応

プレミアムペンは次のような機能が特徴。

  • 充電・事前のセットアップ不要
  • マグネット着脱に対応
  • 消しゴム機能
  • ショートカットボタン(側面)

ショートカットボタンはカスタマイズ可能で、ペンとマーカーの切り替えといった作業を割り当てることができる。

ペンで出来ること。

はじめにマンガ・雑誌・一部の実用書等を除く対応Kindle書籍コンテンツ(Kindle本)に対して「手書きの付箋を追加」できることが挙げられていた。

具体的にはメモを追加したい箇所をタップ、ポップアップ表示された入力スペースへ手書き入力する。

この書き込んだメモは自動的に保存され、あとで閲覧して読み返したり、すべてのメモやハイライトをEメール経由でエクスポートできるという。

次に「ノート・メモ帳・日記」の機能があった。

ユーザーは罫線付き、白紙、ToDoリストなどの標準テンプレートを使って、手軽にメモをとることが可能で、作成したメモはフォルダごとに管理できる。

実用例としてPDFファイルをインポートしてコメントを追加したり、Microsoft Wordなど対応する形式の文書に付箋を追加することが挙げられていた。

文書は、パソコンのウェブブラウザや、iOSデバイスまたはAndroidデバイスのKindleアプリで「シェア」ボタンを選択してKindle Scribeに送信できるとのこと。

ペン先は交換可能となっていて既に販売ページ(Amazonへ)が用意されていた。

Kindle Scribeのスペック、主な機能。

Kindle Scribeは画面サイズ10.2インチのAmazonディスプレイ(反射抑制)で解像度は300ppi、16階超グレースケールで明るい日差しの中でも快適に読み書きができるという。

LEDの数はKindleシリーズ最高の35個、これまでの最上位モデルKindle Oasisは7インチで25個だった。

ストレージは16GB/32GB/64GBで端末本体に数千冊保存可能 (一般的な書籍の場合)。

本体サイズは196 mm x 230 mm x 5.8 mm、重量は433g。

インターフェイスはUSB-C、充電時間はPCからUSB経由で約7時間かかり、9Wアダプター充電なら約2.5時間。

バッテリー、駆動時間は次のように案内している。

  • 読書:1回の充電で最大12週間利用可能 (明るさ設定13、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合)
  • 手書き機能:1回の充電で最大3週間利用可能 (明るさ設定13、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合)

通信はWiFi 802.11 b.g.nまで対応、発表時点でモバイル通信オプションは用意されていない。

米アマゾン発表時に記載のなかった「ページ送りボタン」については、やはり非搭載となっていた。また、防水性能はないので注意。

価格・発売日・カラー

Kindle Scribeのカラーはタングステンの1色展開、オプションでスタンダードペンもしくはプレミアムペンが付属、同梱品には交換用ペン先 (5個)、交換ツールあり。

価格はスタンダードペン付き+16GBが47,980円、プレミアムペン付きは16GBが51,980円、32GBが54,980円、64GBが59,980円となっていた。

SDカードスロット非搭載のため端末内に多くのKindle本やPDF等のドキュメントを保存したいときはストレージ容量を重視することになりそうだ。

購入したKindle本はAmazonクラウドで保存可能なため端末容量を節約することが可能だが、Kindle Scribeはモバイル通信非対応のため外出先ではテザリングやWiFiに頼ることになるので注意。

発売日は2022年11月30日を予定、すでに予約注文の受付を開始している。

リンク:Kindle Scribe

よく一緒に閲覧される記事

手書き入力「Kindle Scribe」は買いか、レビューから知る強みと弱み

Kindle史上初となる手書き入力機能を搭載し、ペンは充電不要でマグ

15.6型「Echo Show 15」にFire TV機能が追加、Alexaリモコンに対応・期間限定セールも

アマゾンジャパン合同会社は2022年12月7日、15.6イン

(目玉セール)Echo Show 8第2世代+Music Unlimited 6ヶ月の総額25,540円が特価9,480円に

アマゾンジャパンが開催中のブラックフライデーにおいて8インチ

→もっと見る

PAGE TOP ↑