『Snapdragon 800』が次世代『Windows RT 8.1』対応へ

公開日: : Windows ,

 クアルコムはCOMPUTEX 2013にて、同社のプロセッサー最上位モデル『Snapdragon 800』がMicrosoftと協力して次世代『Windows RT 8.1』に対応すると発表しました。

qualcommtablet

スポンサーリンク

クアルコムで Windows RT

 Snapdragon 800は今年初頭に現行の『Snapdragon S4 Pro』に比べて 75% もの性能アップをするとして発表され2013年中に出荷を予定しているプロセッサ。

 最大2.2GHzで動作するほか、USB3.0 / Bluetooth v4.0 / Wi-Fi 11ac / Full HD などに対応を発表しています。 「MSM8974」においては Category 4 対応のLTEモデムチップを内蔵するとのこと。

 「Surface RT」はNVIDIA製プロセッサ「Tegra 3」を搭載していますが、今後クアルコムとMicrosoftの協力によりRTタブレットの選択肢が増えそうです。先日Microsoftは公式ブログでテザリング対応を標準サポートする発表しました。クアルコムのプロセッサもLTEモデムを内蔵していることからタブクルで勝手に予想しているSIMフリーWindows タブレットの一斉登場が楽しみになってきました。

Source:Engadget

Windowsの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Windows「メモ帳」が年内にも大幅アップデート、数年ぶりの更新

Microsoftが2018年後半にリリース予定のRedstone 5

Microsoft、新特許『タッチレス入力』をWindowsに組込み予定

Microsoftがディスプレイに触れることなくジェスチャー操作が行え

遂にWindows 10プレビューでSwiftKeyが採用、今秋にも正式リリースか

Microsoftは米国時間6月14日、今から3年前にSwiftKey

Microsoft、iOS/Android端末をPCで閲覧・ファイル取り込みできる『Your Phone』発表

Microsoftは米国時間5月7日、BUILD 2018において新た

Windows 10 Sは制限機能「S Mode」として各SKUに追加か

これまでWindows 10のエディションの1つと思われていた「Win

QualcommとMicrosoft、正式に『ARM版Windows』を発表

Qualcommはハワイで現地時間12月5日より開催している「Snap

マイクロソフト、Qualcommに続きNVIDIAにWindows 10を要請か

米マイクロソフトがQualcommに続いて米国の半導体メーカーNVID

MS、Windows 10 Mobileと新端末の開発を終了へ/Joe Belfiore氏が諦めた理由を明らかに

MicrosoftのWindows OS担当副社長であるJoe Bel

Qualcomm、最初のWindows 10 ARM PCはSnapdragon 835搭載―年内リリースへ

QualcommはIFA2017にて、常時接続で軽量な筐体にフルWin

Windows 10 Build 16257発表、新機能「Eve Control」を追加

Microsoftは米国時間8月2日、Windows 10 Insid

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑