筆圧ペンごと防水10.9型「Galaxy Tab S9 FE」日本で発表、スペック・価格

公開日: : 最終更新日:2024/01/29 サムスン , ,

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

韓国SamsungのGalaxyブランドを担う日本法人サムスン電子ジャパンは日本時間10月12日、同社初となるS Penを含めた防塵防水仕様のAndroidタブレット「Galaxy Tab S9 FE」を発表した。

同日よりAmazonや家電量販店にて予約受付を開始、発売日は2023年10月19日(木)を予定している。

Galaxy Tab S9 FEのスペック・価格

サムスン電子ジャパンはプレスリリースで次のように製品特徴を伝えた。

「Galaxy Tab S9 FE」は、「エンターテインメント性」「表現力豊かなクリエイティビティ」「シームレスな効率性」が特長です。デバイスの処理速度と高いパフォーマンスで、クリエイター・起業家・学生・アーティスト・ゲーマーなど様々なユーザーの方にご愛用いただけます。趣味にも仕事にも情熱を注げる一台です。

Galaxy Tab S9 FEのスペックと価格

「Galaxy Tab S9 FE」のスペックについて、画面サイズ10.9インチLCD(最大90Hz)で本体とSペンいずれも防塵防水IP68準拠としている。

CPUにExynos 1380、RAM6GB、ストレージ128GB、カメラは前1200万画素(超広角)/後800万画素、バッテリーは8000mAhを搭載しフル充電で最大18時間のビデオ再生が可能という。

通信はWiFi6、Bluetooth 5.3をサポート、端子はUSB-C、microSDカードスロット(最大1TB)を備える。

本体サイズは165.8 x 254.3 x 6.5mm。

上記スペックはプレスリリース時点としており、予告なしに変更される場合があるとのこと。

販売価格は68,799円。

Sペンの話、同梱「S Pen」と別売り「S Pen Creator Edition」

Galaxy Tab S9 FEに同梱されるスタイラスペンは「S Pen」で本体にてワイヤレス充電が行えるほか、Bluetooth対応、防塵防水IP68準拠、筆圧検知は4096段階、傾き検知50度となっている。

別売り「S Pen Creator Edition」(13,999円)は充電不要で防塵防水IPX4と生活防水レベル、筆圧検知は4096段階、傾き検知60度。こちらはBluetooth非対応となっていた。

今回の目玉機能としてはIP68に対応したSペンを同梱、タブレット本体もIP68準拠と高い防水性能を誇っているのが特徴。

さらに同社はGoodnotesやClip Studio Paintといったペンを必要とするソフトウェアを挙げ、タブレットをクリエイティブツールにできると伝えた。

ノートパソコンのような物理キーボードがなく、スマートフォンのようにATMなどで気軽にかざせる決済端末にもなれないタブレットは長らくコンテンツ消費端末として存在していたが、AIの進化と共にクリエイティブ端末へと進化する未来が開かれそうだ。

Source : SAMSUNG / レビュー37件の詳細はAmazon販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

SIMフリー版「Galaxy S24」「Galaxy S24 Ultra」発表、価格・発売日

サムスン電子ジャパンは日本時間2024年4月3日、5G対応の

Sペン搭載「Galaxy Tab S6 Lite 2024」を準備中か、Exynos 1280搭載とも

Samsungが日本でも2023年6月23日に発売したSペン

ルプラス保護ケース「PALLET」購入レビュー、Galaxy Note9 で使った感想

先日ゲオモバイルで購入した中古Aランク「Galaxy Not

→もっと見る

PAGE TOP ↑