(新色15%OFF)20000mAh+入出力できるケーブル内蔵「Anker Power Bank」発売、吊り下げ画像など特徴

公開日: : 周辺機器 , ,

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

UPDATE:2024/01/17
「Anker Power Bank」の新色パープルとピンクが発売、その記念として再び15%OFFセールが実施中。

Anker Japanは2023年11月28日、新製品として大容量20000mAhバッテリーを搭載したビルトインUSB-Cケーブルのモバイルバッテリー「Anker Power Bank」を発売した。

それにあわせて初回2色合計300個限定で15%OFFにて販売する。

Anker Power Bankの仕様・スペック

Ankerの製品画像では「ケーブル一体型で、荷物がスッキリ」としてモバイルバッテリーによる充電時の利便性について言及していた。

この一体型ケーブルは端末への充電が最大22.5Wまで可能なだけではなく、20Wでモバイルバッテリー本体を充電できるようになっている。

これについてSNS上ではACプラグ内蔵を求める声があがっていた。

また、USB-Cケーブルは輪っかにして吊り下げされるようなWBCがあり、1万回以上の折り曲げにも耐えるとのこと。

次に大容量20000mAhバッテリーについては、iPhone 15が3回以上も充電できるほか、iPad Pro 11インチ(2021)なら1.6回、Pixel 6は2.6回とアナウンスしている。

Anker Power Bankの価格・セール情報

Anker Power Bankは発売記念として初回2色合計300個限定で15%OFFとなる6366円にてAmazonで販売中。

製品画像では全5色と表示されているが、2023年11月29日時点ではブラックとホワイトの2色展開となっている。(追記→2024/01/17からパープルとピンクが追加)

→最新の価格と製品画像、在庫状況はAmazon販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑