WiMAXルーター『AtermWM3800R』のファームウェア更新で動作を2時間延長する

公開日: : Wimax

 WiMAXルーター『AtermWM3800R』のファームウェアを更新しました。最新バージョンの「1.1.0」では省電力化により、連続動作時間が8時間から「10時間」に延長されています。

P7037976

『AtermWM3800R』のファームウェア更新

 ファームウェア更新のため『AtermWM3800R』へアクセスします。
 初期IPアドレスは[192.168.0.1]となっています。

 シェアリーから2013年7月3日に到着した『AtermWM3800R』は「1.0.0」となっていました。
 NECからファイルをダウンロードする方法もありますが、『AtermWM3800R』から直接入手する方法を選びました。

Aterm-rakurakuex-12

 ファームウェア更新中は本体にも電源OFF禁止といった表示がありました。

Aterm-rakurakuex-13

 ファームウェア更新が完了しました。

Aterm-rakurakuex-14

 以上で完了です。
 思ったよりも簡単でしたね。

<前回の話>
シェアリーWiMAX『AtermWM3800R(AT)』の初期設定方法

よく一緒に閲覧される記事

Try UQ mobile、貸出機種に『Galaxy A30』を追加

UQコミュニケーションズは6月14日、au回線を使ったモバイル通信サー

WiMAX L01sで月間7GB超過後のスピードテスト結果、制限前後を比較

TryWiMAXで試用中のWiMAX L01sに上限として設定され

WiMAXホームルーターを携帯仕様に、DC変換USBケーブル購入レビュー「モバイルバッテリーで使えるか」

WiMAXのホームルーター型が屋内外ともに素晴らしい受信感度であっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑