格安SIM、楽天LTEより最大通信256kbpsの『エントリープラスプラン』月945円を発表

 楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズは8月1日、格安MVNOの中では珍しい最大通信256kbpsに加え高速通信容量500MBが付与される『楽天ブロードバンド LTE エントリープラスプラン』(月945円)を発表しました。

rakuten-LTE-01

スポンサーリンク

楽天LTE、『エントリープラスプラン』の価格と機能

 『楽天ブロードバンド LTE エントリープラスプラン』は初期費用 4200円(現在キャンペーン中で 3150円)、月額料金 945円で高速通信容量500MBが付与されるほか、標準通信速度が256kbpsとなっています。
 SIMカードは契約につき1枚で、標準SIM/マイクロSIM/nanoSIMから選択できるようです。

 高速通信容量の追加購入や未使用分の繰越には対応していないとのこと。

rakuten-LTE-02

「エントリープラン」と『エントリープラスプラン』の違いについて

 楽天からプランの違いについて説明がありました。

  1. 高速通信容量
    エントリープランは月間200MB。エントリープラスプランは月間500MB。
  2. 高速通信容量を使い切った後の速度
    エントリープランは100kbps、エントリープラスプランは256kbps。
  3. 利用可能なSIMカードサイズ
    エントリープラスプランではnanoSIMが利用可能。しかし、エントリープランではnanoSIMは利用不可。
  4. 容量追加オプション
    容量追加オプションがエントリープラスプランでは利用不可。エントリープランでは100MB当たり525円で利用可能。

 なお、楽天ブロードバンド LTE ではプラン変更には対応していないということです。

 IIJ系の格安SIMは標準速度が200kbpsですが、楽天が100kbps から 256kbps と一気に追い越したことになります。
 さっそく、まとめ記事を更新したいと思います。
 1000円以下のドコモMVNO一覧まとめ 料金/制限の比較ほか

Source : 楽天ブロードバンド LTE , 945円エントリープラスプラン 入会キャンペーン

その他、最新情報の記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

総務省、中古スマホの『SIMロック解除』義務付け―2019年7月より

日本経済新聞は8月15日、総務省がNTTドコモな通信大手3社に対して中

JR東日本リテールネット、3in1プリペイドSIMを発表/発売日

JR東日本リテールネットは7月26日、ドコモ回線を利用した格安SIMカ

mineo、音声SIMが6か月333円になる「3つそろって333キャンペーン」開始

ケイ・オプティコムは7月24日、モバイルサービス「mineo」において

mineoがソフトバンク回線の提供を発表、9月4日よりトリプルキャリアに

ケイ・オプティコムは7月23日、モバイルサービス「mineo」において

月398円でソフトバンク回線、ロケットモバイルが『神プラン(S)』発表 #MVNO

エコノミカルは7月18日、ソフトバンク回線を使用した格安SIMサービス

mineo、5月15日9時より『iPhone 6s』メーカー認定整備品を発売・価格

ケイ・オプティコムは5月15日より、iPhone 6sのメーカー認定整

mineoが応募者全員に1GBプレゼント、抽選で割引も/100万回線突破キャンペーン発表

ケイ・オプティコムは4月10日、MVNOサービス「mineo」の100

mineo、iOS版「mineoアプリ」発表、主な機能 #格安SIM

ケイ・オプティコムは4月9日、Androidで配信していたMVNOサー

格安SIMユーザー満足度ランキング発表―MMD研究所

MMD研究所は3月19日、格安SIMサービス利用率上位14サービスとY

2018年3月 格安SIM・格安スマホ通信速度調査が発表、サブブランドと速度差あり

MMD研究所は3月7日、格安SIM・格安スマホ通信速度調査の結果を公開

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑