格安SIM、楽天LTEより最大通信256kbpsの『エントリープラスプラン』月945円を発表

 楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズは8月1日、格安MVNOの中では珍しい最大通信256kbpsに加え高速通信容量500MBが付与される『楽天ブロードバンド LTE エントリープラスプラン』(月945円)を発表しました。

rakuten-LTE-01

楽天LTE、『エントリープラスプラン』の価格と機能

 『楽天ブロードバンド LTE エントリープラスプラン』は初期費用 4200円(現在キャンペーン中で 3150円)、月額料金 945円で高速通信容量500MBが付与されるほか、標準通信速度が256kbpsとなっています。
 SIMカードは契約につき1枚で、標準SIM/マイクロSIM/nanoSIMから選択できるようです。

 高速通信容量の追加購入や未使用分の繰越には対応していないとのこと。

rakuten-LTE-02

「エントリープラン」と『エントリープラスプラン』の違いについて

 楽天からプランの違いについて説明がありました。

  1. 高速通信容量
    エントリープランは月間200MB。エントリープラスプランは月間500MB。
  2. 高速通信容量を使い切った後の速度
    エントリープランは100kbps、エントリープラスプランは256kbps。
  3. 利用可能なSIMカードサイズ
    エントリープラスプランではnanoSIMが利用可能。しかし、エントリープランではnanoSIMは利用不可。
  4. 容量追加オプション
    容量追加オプションがエントリープラスプランでは利用不可。エントリープランでは100MB当たり525円で利用可能。

 なお、楽天ブロードバンド LTE ではプラン変更には対応していないということです。

 IIJ系の格安SIMは標準速度が200kbpsですが、楽天が100kbps から 256kbps と一気に追い越したことになります。
 さっそく、まとめ記事を更新したいと思います。
 1000円以下のドコモMVNO一覧まとめ 料金/制限の比較ほか

Source : 楽天ブロードバンド LTE , 945円エントリープラスプラン 入会キャンペーン

よく一緒に閲覧される記事

最安「050 かけ放題」を比較、イオンモバイル vs スカイプ(とLINE Out)

大手通信キャリアから格安SIMサービスまで通話料金は30秒あたり2

2019年9月格安SIMサービスの満足度調査ランキングが発表、紹介したいMVNO順位も

MMD研究所は9月27日、同月に公開した利用動向調査で利用率の高い

格安SIM『BIGLOBEモバイル』の契約解除料が8000円から1000円など、料金改定を発表

ビッグローブは9月27日、格安SIM/モバイル通信サービス「BIG

→もっと見る

PAGE TOP ↑