電子書籍化/自炊への道 Vol.5 『DC-210Nでノートを裁断した感想』

公開日: : 電子書籍 ,

 電子書籍化/自炊への道 Vol.5 は、本日到着した『DC-210N』で古いノートを裁断した感想を記録します。
P8178580

DC-210Nでノートを裁断した感想

 ノート枚数は40枚となっており、1回でカットできそうです。

 はじめにカバーともいえる表面の厚い紙を取り除きました。
P8188586

 カバーを外しました。 
P8188589

 ロックを解除して、、、
P8188590

 ノートを差し込みます。
P8188591

 解除していたロックを~
P8188592

 Lock!!
P8188593

 カッター部分を掴んで何回か往復させました。具体的には、カッターマットが痛まないよう最初は下に力を加えず、最後の1回だけ少し力を加えました。
P8188594

 カットされたようです。断面も綺麗ですね。
P8188596

 ノートの切れ端、断面が真っ直ぐで良い切れ味だとわかります。
P8188599

 バラバラになりました。
P8178582

 以上、カットが完了しました。

 この後、50ページほどある書籍を数冊カットしましたが平均4~5分かかることが判明しました。

 実際に『DC-210N』を使ってみて良いと感じたのは、小型軽量なため「空いているスペース」を作業場所にできるところでした。
 それは「作業場所を確保しておかなくて良い」ということでもあります。

 次回は厚めの書籍に挑戦したいと思います。

DC-210Nの価格とレビュー

 2013年8月18日時点の価格とレビュー数です。
 DC-210N の 価格は 9,542円
 レビュー数:140件

<前回の自炊>
電子書籍化/自炊への道 Vol.4 『裁断機 DC-210N 到着、開封レビュー』

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑