サプライズ!Qualcommがワイヤレス規格「Qi」の団体に参加―モバイル端末でQi普及か

公開日: : 周辺機器 , ,

 Qi規格を策定したWireless Power Consortium(WPC)が、最新メンバーとして半導体大手「Qualcomm」を加えたようです。

qualcomm-mwc13

Qualcommが、まさかのQi参入

 Qualcommといえば、Samsungと共同でワイヤレス給電技術の業界団体「Alliance for Wireless Power(A4WP)」を2012年5月7日に設立、磁界共鳴方式の普及を推進していました。今回、なんと現在主流の電磁誘導方式を採用する「Qi」規格の団体WPCに参加したとのこと。

 ASUSがNexus 7 2013年モデルでQi規格によるワイヤレス充電をサポートしており、同タブレットはQualcomm製プロセッサを搭載しています。新型Nexus 7のQiサポートにQualcommが関係していたのかは不明ですが、A4WPの創立会員Qualcommが、WPCのメンバーに加わるのは非常に興味深い話です。今後は2団体が協力関係となるのでしょうか。

 個人的にはSamsungとQualcommが始めた磁界共鳴方式「WiPower」が目指す、本当の意味での(物理的に離れていても充電できる)ワイヤレス充電に期待したいのですが、Qualcommがプロセッサレベルでワイヤレス充電「Qi」に関わってくれば、スマートフォンやタブレットなどAndroid端末でQi規格をサポートするのが用意になり普及が早まりそうですね。

<前回の話>
クアルコムがワイヤレス充電「WiPower」を5月末にデモ公開、「Qi」との違いとは

Source:Android Central

よく一緒に閲覧される記事

Nintendo SwitchやMacBook、Surfaceで使えるLepow製モバイルモニターを試す、製品レビュー・感想

プライム対応で19680円という値段ながら227件ものレビューが投

初回500個は3000円OFFに、『Anker Soundcore Liberty 2 Pro』発売・特徴・価格

Anker Japanは10月25日、同社の独自技術を搭載した完全

2日間限り3000円OFF、FHD撮影/LED信号/WDR搭載AUKEYドライブレコーダー『DR01』にクーポン

AUKEYより全国のLED信号機に対応したフルHDで撮影できるドライブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑