原道 N70双撃 でFW更新後にUSB認識しない時の解決手順

公開日: : 最終更新日:2012/09/11 原道 N70双撃

前回の記事「原道 N70双撃 の ファームウェア更新 と全データが消えた件」で

USBやddmsが認識しなくなったわけですが何とか解決したので記録しておきます。

windows-n70-dual-core-ver404-driver-install01

FW更新後にUSB認識しない時の応急処置

ファームウェア更新後はドライバーやadbのバージョン差異により

USB認識やddmsが動作しないという状況になるそうです。

そのため、新しいドライバーのインストールとadbファイルの交換作業が必要になります。

必要なファイルを入手する

ドライバーやadbファイルを手に入れます。

私は下のURLより入手しました。

ドライバーを認識させる

  1. ファイル「Cube Root for ICS 4.0.3 v2 」を解凍します。
  2. 原道 N70双撃 とパソコンをUSBで接続します。
  3. パソコン側でデバイスマネージャーを起動してエラーマークの箇所で
    ドライバー更新を実行します。
  4. ドライバー更新でフォルダ指定します。
    そのとき先ほどの「1」内にあるフォルダ「Drivers」を選択して実行します。
    サブフォルダも検索対象としておけば32bitや64bitの差異はWindowsで判断してくれます。
  5. ドライバーの忠告が表示されますが、気にせずインストールします。
    windows-n70-dual-core-ver404-driver-install01
  6. インストール完了画面が表示されました。
    windows-n70-dual-core-ver404-driver-install02
  7. 下のような表記になりました。
    windows-n70-dual-core-ver404-driver-install03

以上でドライバーのインストールは完了です。

androidSDKツールの更新

次にddmsでスクリーンショットが撮れないと寂しいので解決します。

Windowsの環境変数に追記しているAndroidSDKのパスを確認します。

  • AndroidSDKフォルダ
    C:Program Files (x86)Androidandroid-sdktools

このフォルダが重要な起点になります。

ファイル「adb.exe」の更新

  1. AndroidSDKフォルダの場所へ移動します。
  2. 一つ上のフォルダへ移動後、「platform-tools」フォルダへ移動します。
  3. そこにあるadb.exeを「_adb.exe」へ名前変更します。
  4. フォルダ「Cube Root for ICS 4.0.3」内にある「adb.exe」を
    「platform-tools」フォルダへコピーします。

以上で完了です。

「ddms」を実行ができることを確認します。

windows-n70-dual-core-ver404-driver-install04

もしも、デバイスが表示されない場合はUSB接続したままの可能性があります。

私の場合は、一度USBを外してからフタタビ接続してみるとつながりました。

これで何とかUSB関係が解決しました。

よく一緒に閲覧される記事

Vido W10 Elite – Surface 3 クローンがセール中、スペック・価格

 Surface 3と同じような背面キックスタンドを持ち高いスペックを

原道、12.2型Vido W12 Pro版(Core M3)と無印版(Atom Z8700)発表

 中国メーカー原道は現地時間5月19日、12.2インチのWindows

僅か207g?約1.3万円でHDMI/Z8300、8型『Vido W8X』は11月発売予定―スペック表

 僅か207gと超軽量な8インチのWindows 10搭載タブレットが

→もっと見る

PAGE TOP ↑