原道、12.2型Vido W12 Pro版(Core M3)と無印版(Atom Z8700)発表

公開日: : 原道 N70双撃

 中国メーカー原道は現地時間5月19日、12.2インチのWindows搭載2in1タブレット『Vido W12 Pro』と『Vido W12』を発表しました。

Vido-W12-Pro-1

12.2型Vido W12 Pro版(Core M3)間もなくリリースか

 TECHTabletsによると『Vido W12 Pro』はキーボードとしても使える保護ケースが付属する12.2インチ解像度1,920x1,080のWindowsタブレットで、インテルの新しいCore M3 6Y30(Skylake)最大2.2GHzプロセッサ(GPU:Intel HD Graphics 515)+RAM4GB LPDDR3を搭載するとしています。

Vido-W12-Pro-3

ディスプレイについて

 ディスプレイはIPSで視野角178度、反射と厚さを抑えるためOGSフルラミネーション技術が採用されています。

766b4241gw1f40lunhxf1j20e00b3tah

ストレージはSSD

766b4241gw1f40lty464bj20ei0anwg3

 低価格タブレットの多くはeMMCを採用していますが『Vido W12 Pro』は内部ストレージに128GB SSDを内蔵しています。また、外部メモリとしてMicroSDカードスロットを設けており最大128GBまで対応するとしています。

インターフェイスと通信、バッテリー容量

 インターフェイスにはUSB3.0、USB Type-C(10Gbit/s対応)、MicroHDMI、ステレオスピーカー。カメラは前面200万画素/背面500万画素となっています。

766b4241gw1f40ltm3wkbj20gq0a6mz6

 通信はWi-Fiは802.11acまで、Bluetooth 4.0に対応。

 バッテリー容量は8000mAhで2Aの急速充電をサポートしているとのこと。

Atom版も発表

 プロセッサをインテルのAtom x7-Z8700にダウンさせたバージョンとして『Vido W12』も発表されました。

Vido-W12-Pro-2

 『Vido W12 Pro』と『Vido W12』の具体的な発売日と価格は明らかにされていませんが、間もなくリリースされることが伝えられています。

よく一緒に閲覧される記事

Vido W10 Elite – Surface 3 クローンがセール中、スペック・価格

 Surface 3と同じような背面キックスタンドを持ち高いスペックを

原道、12.2型Vido W12 Pro版(Core M3)と無印版(Atom Z8700)発表

 中国メーカー原道は現地時間5月19日、12.2インチのWindows

僅か207g?約1.3万円でHDMI/Z8300、8型『Vido W8X』は11月発売予定―スペック表

 僅か207gと超軽量な8インチのWindows 10搭載タブレットが

→もっと見る

PAGE TOP ↑