『Windows 8.1』のアップデートを実行、注意点など

公開日: : Lenovo , ,

 本日、手持ちのLenovo IdeaPad Yoga13を『Windows 8.1』へアップデートしました。アップデート作業前後の注意点を記録したいと思います。

PA229775-Windows8.1-Update-Story

『Windows 8.1』へアップデートする

 「Windows 8.1」アップデート作業前の注意点ですが、アップデート実行時に必須項目として登場する「Microsoftアカウントのサインイン情報」を手元に控えておく必要があります。

 Windowsストアを開くと「Windows 8.1」がトップで表示されていました。

PA229776-Windows8.1-Update-Story

 「Windows 8.1」のダウンロードサイズは「3.62GB」と巨大です。WiMAX回線でダウンロードするため、深夜2時ごろからヒッソリと実行しました。

PA229777-Windows8.1-Update-Story

 アップデート内容も掲載されていました。

PA229778-Windows8.1-Update-Story

 本日早朝に確認したところ、ダウンロードは完了しており、インストールできる状態となっていました。

PA229779-Windows8.1-Update-Story

 インストール画面が15分ほど表示されたあと、再起動され「設定しています」と5分ほど待ちます。

PA229780-Windows8.1-Update-Story

 再び再起動、「PC設定を適用」と10分ほど待ちます。

PA229782-Windows8.1-Update-Story

 さらに再起動、「その他の処理を実行」と10分ほど待ちます。

PA229784-Windows8.1-Update-Story

 最後の再起動を終えると、ライセンス同意画面が表示されました。

PA229788

 Windows 8を起動した時と同じような設定画面が表示されました。

PA229790-Windows8.1-Update-Story

 「自分で設定する」を選びました。

PA229792

 初期の設定ではBing検索結果などをMicrosoftに送信するようになっているため、オフに切り替えます。

PA229794-Windows8.1-Update-Story

 続いて、Microsoftアカウントへのサインアップ画面です。

 「サインインはスキップできない」ため、IDとパスワードは予め用意しておく必要があります。パソコン1台だけしかないというユーザーはアップデート中のパソコン内にあるパスワード管理ソフトを見ないと「IDとパスワード」が入力できない事態が考えられます。

 今回、パスワード管理「KeyPass」でNexus 7とパスワードを同期していたので、そこからMicrosoftアカウントの「IDとパスワード」を入手して先へ進みました。

PA229795-Windows8.1-Update-Story

 セキュリティコードの送信先メールアドレスを選ぶ画面。

PA229796-Windows8.1-Update-Story

 コードの入力画面、スキップしました。

PA229797-Windows8.1-Update-Story

 SkyDriveの画面、スキップしました。

PA229798-Windows8.1-Update-Story

 アカウントのセットアップが開始されたようです。(約4分)

PA229799

 PCのセットアップが開始されたようです。(約5分)

PA229800

 アプリをインストールしているようです。(約7分)

PA229801

 無事、アップデート完了です。

Windows8.1-Start-Screen

 Windows 8ではログイン画面を表示させない設定にしていましたが、アップデート後は再びログイン画面が表示されるようになりました。また、旧デスクトップ画面が拡大表示となるほか、ファイルエクスプローラーの設定が初期化、Windows Live Wirterの動作が不安定になりました。それぞれの対処法については後ほど記事で記録したいと思います。

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑