NVIDIA、次世代プロセッサ『Tegra K1』搭載リファレンスタブレットを披露

 NVIDIAはCES 2014において、「Tegra Note 7」のカスタムケースに次世代プロセッサ『Tegra K1』を搭載したリファレンスタブレットの試作機を披露しました。「Tegra 4」搭載の現行モデルに比べ同じ解像度が1920x1200となりRAMも4倍の4GBへ増加しています。

Tegra-K1-ProtoType-2

『Tegra K1』搭載リファレンスタブレットのスペック

 CES 2014で公開されたリファレンスタブレットは画面サイズ7インチ(解像度1920x1200)、CPUは次世代プロセッサ『Tegra K1』(GPU 192コア)、RAM 4GBとなっています。

 解像度は、従来の1280x800から1920x1200へ、RAMは1GBから4GBへスペックアップしています。

 TheVergeはハンズオン動画を公開しています。

 『Tegra K1』が搭載するGPUのグラフィックス性能は、プレイステーション4やXbox Oneといった次世代コンソールと同等、プレイステーション3やXbox 360を上回るとのこと。

Source:Softpedia / TheVerge

よく一緒に閲覧される記事

ドンキが9980円の電子書籍タブレット『読みまくリーダー』(YMR8-DS)発表、スペック・発売日

ドン・キホーテは9月25日、プライベートブランド「情熱価格」より電

OneMix 3Sで日本語入力、追加ソフトなしでキーボード設定を変更

OneMix 3Sに限らず海外製ノートパソコンは日本語入力を想定し

小型ノートPC『OneMix 3S Platinum』でPCゲームは遊べるか、熱問題・ファン音など

ONE-NETBOOKが小さな筐体に筆圧感知やRAM16GBなどを

→もっと見る

PAGE TOP ↑