イーモバイル、『Nexus 5』32GBモデルとブライト レッド取扱い発表―買いか考える

公開日: : イーモバイル

 イー・アクセスは2月5日、本日よりGoogle Playで販売が開始された『Nexus 5』の新色ブライト レッドと、既に販売中のブラック/ホワイトカラーで内部ストレージが32GBとなる「32GBモデル」についてイー・モバイル取扱店およびイー・モバイル ショップ、ウィルコムプラザで取り扱うと発表しました。「32GBモデル」は2月14日より、新色ブライト レッドは3月中旬以降に発売予定。

emobile-Nexus5-1

イーモバイルにNexus 5 32GBモデルとレッド追加へ

 同社が販売する「Nexus 5(EM01L)」は画面サイズ5インチ(1920×1080/445ppi)に高速なSnapdoragon 800 2.26GHzクアッドコアプロセッサを搭載したAndroid4.4スマートフォン端末。ワイヤレス映像転送Miracastにも対応しており、Google Playなどで購入・レンタルした映画などをテレビなどの外部モニターへ出力して鑑賞できます。

Nexus 5 32GBモデルの価格

 Nexus 5 32GBモデルを「バリュースタイル-S」(一括払い)で購入した場合は、現金販売価格(55,200円)から10,400円引きの店頭キャンペーン価格44,800円になるという例が掲載されていましたが実際の価格については、販売店が定めているとのこと。

emobile-Nexus5-2

 24回払いの場合、実質お支払い額は14,880円(620円×24回)になるとのこと。

 Nexus 5 ブラック/ホワイトカラーの「32GBモデル」は2月14日より追加され、新色ブライト レッドが3月中旬以降に販売が開始される見込みで発売日については追って発表するとのこと。

イーモバイル版Nexus 5は買いか考える

 イー・アクセスが掲載している利用料金例からGoogle Playモデル+格安SIMカードサービス運用と比べて買いか考えます。

emobile-Nexus5-3

 手持ちのNexus 5Google PlayのSIMフリーモデルですが、基本スペックは同じで本体価格は一括44,800円(24回払いとして月1,867円)、データ通信として格安MVNOを利用する際は月額1,000円程度、高速データ通信オプションを1回ほど購入しても月3,000円ほどのランニングコストで運用可能ですが、音声回線ではないため音声通話をする際は別途050番号を付与するFusionや050PlusといったIP電話サービスを利用する必要があります。

 イーモバイルの4G-Sプランではソフトバンク系へ国内通話が1時~21時まで(メールは24時間)無料となるほか、データ通信契約の「データ定額3-S」では「データ定額得割」を適用すれば月間5GBまで高速通信が可能とのこと。

  • イーモバイル版Nexus 5
    ランニングコスト:4,815円
    通話:対応(ソフトバンク系は一部無料)
    データ通信:最大5GB
  • Google Play版+ドコモMVNO
    ランニングコスト:約3,000円
    通話:ドコモMVNOでは非対応(別途IP電話サービスが必要)
    データ通信:ドコモMVNOと契約

 バックアップ回線となるのか不明ですがが、手持ちのドコモ回線+WiMAX回線にイーモバイル回線があれば心強いので追加で購入する際は、イーモバイル版Nexus 5も良いと思いました。

Source:イーモバイル

よく一緒に閲覧される記事

月2,550円で高速データ通信10GB、ワイモバイルにて『GL04P』一括0円セール中

 ワイモバイルが高速データ通信の制限が月間10GBとなる「LTEフラッ

イーモバイル、『Nexus 5』32GBモデルとブライト レッド取扱い発表―買いか考える

 イー・アクセスは2月5日、本日よりGoogle Playで販売が開始

@nifty、AXGP/LTE対応の「@nifty EMOBILE 4G 定額にねん」提供開始

 ニフティは12月5日、高速モバイル通信サービス「@nifty EMO

→もっと見る

PAGE TOP ↑