米:無料モバイル通信 「FreedomPop」 のβ開始、縛りなし月500MB分無料(動画あり)

公開日: : その他、最新情報

アメリカ初の無料モバイルデータ通信「FreedomPop」が

10月1日よりβサービスの提供を開始しています。

契約期間による縛りもなく、月間500MBまでの通信料であれば無料ということで

日本より割高なアメリカのモバイルデータ通信で

脅威の無料サービスとして注目されています。

freedompop-img

米:無料モバイル通信 「FreedomPop」 の可能性

2011年に設立された当初、FreedomPopは格安モバイル通信事業者として登場。

現在、Skype共同設立者「Niklas Zennstrom氏」と

同氏のベンチャーファンドである「Atomico氏」の支援を受けているとのことです。

インフラとして、ClearwireとSprintの2社と契約し回線をMVNO展開している状態

FreedomPopの特徴

  • 契約に縛りのないモバイルデータ通信サービスの提供を目指している
  • 月間500MB分のデータ通信を無料で利用可能
  • 音声通話やSMSは用意されていない
  • アメリカの4G回線を利用、「3Gの10倍高速」とのこと
    回線は、ClearwireのWiMAX、SprintのLTE

FreedomPopを利用するために

FreedomPopの利用には、以下のいずれかが必要とされています。

全て同社が提供する製品です。

  • iPod touch専用スリーブ(99ドル)
    4g-for-ipod
  • iphone 専用スリーブ(99ドル)
    4g-for-iphone
  • モバイルルーター(89ドル)
  • USBドングル(49ドル)

FreedomPopの動画

アメリカで成功したビジネスとなれば国内で挑戦者も出てくるかも知れません。

しかし、日本はアメリカに比べてデータ通信の料金が格安といえる状態です。

国内MVNO業者でもLTE接続をウリにしているサービスもあり

新規参入時の差別化が困難な状況です。

しかし、「無料の魔力」を売りに戦えるのであれば面白そうですよね

完全なレッドオーシャンになりますが。。。

Source : FreedomPop

よく一緒に閲覧される記事

最安「050 かけ放題」を比較、イオンモバイル vs スカイプ(とLINE Out)

大手通信キャリアから格安SIMサービスまで通話料金は30秒あたり2

2019年9月格安SIMサービスの満足度調査ランキングが発表、紹介したいMVNO順位も

MMD研究所は9月27日、同月に公開した利用動向調査で利用率の高い

格安SIM『BIGLOBEモバイル』の契約解除料が8000円から1000円など、料金改定を発表

ビッグローブは9月27日、格安SIM/モバイル通信サービス「BIG

→もっと見る

PAGE TOP ↑