Windows 8.1 Update発表、OS軽量化&スタートメニュー復活など―4/8公開へ

公開日: : Windows ,

 米Microsoftは現地時間4月2日、開発者向けイベント『Build 2014』基調講演において、Windows 8.1の大型アップデート「Windows 8.1 Update」(無料)を米国時間4月8日に公開すると発表しました。「Windows 8.1 Update」ではOSがRAM1GB/ROM16GBで動作するよう軽量化されたほか、スタートメニューの復活などを明らかにしました。

Microsoft-Build-2014-Windows-Update-01

Windows 8.1 Update発表、4/8公開へ

 米Microsoftは「Windows 8.1 Update」について、マウスとキーボードにおける操作性の向上を図ったとしており、デスクトップ画面では、スタートメニューが復活ストアアプリもウィンドウ表示が可能になったとしています。

Microsoft-Build-2014-Windows-Update-03

 スタート画面では右クリックによるコンテキストメニューの表示に対応し、リサイズやピン留めにアンインストールなどがダイレクトに行えるようになったとのこと。

Microsoft-Build-2014-Windows-Update-02

 また、スタート画面には電源アイコンや検索アイコンを追加。

 同日発表された「9インチ以下デバイスへのWindows無償化」とあわせて、新戦略が垣間見れるアップデート内容に、「OS軽量化」がありました。

 「Windows 8.1 Update」により、RAM 1GB/内部ストレージ16GBでも動作できるようOSのカーネルを軽量化、TheVergeによるとWindows Imageが60%スリム化されたとのこと。これによりAndroidタブレットの価格帯に限りなく近い9インチ以下のWindowsタブレットPCが登場すると思われます。

 「Windows 8.1 Update」は、MSDNとTechNetユーザーは本日よりダウンロード可能、Windows Update経由では4月8日より配信予定としています。

Source:TheVerge

よく一緒に閲覧される記事

Windows 10Xのエミュレータ公開、Touch Barな機能など2画面OSが体験可能に

Microsoftは米国時間2月11日、2020年内にリリース予定

Windows 12 Liteが発見される。

Windows 7のサポートが2020年1月14日に終了し、最新O

Chromium版『Microsoft Edge』の日本語版ダウンロードと感想・レビュー

Microsoftが米国時間1月15日に提供を開始したChromi

→もっと見る

PAGE TOP ↑