約76万名分の個人情報流出か、Androidアプリ「全国電話帳」を検索してみた

公開日: : その他

産経新聞によると、Google Playのアプリをインストールすると

登録済みの電話番号が外部に送信され

約76万人分の個人情報流出されているという実態が

10月6日、情報セキュリティー会社「ネットエージェント」(東京)

への取材で判明したとされています。

Google_play_out02

Androidアプリ「全国電話帳」とは

問題のアプリは、「全国電話帳」という名前で

9月16日からGooglePlayに公開されていました。

さっそく、Googleで検索すると現在も検索結果に表示されます。

Google_play_out01

試しに訪問してみると。。。

Google_play_out

Not Found画面です。

当たり前ですが、アクセス禁止になっているようです。

アプリ「全国電話帳」をインストールすると何が起きるのか

「全国電話帳」は、ハローページとタウンページの掲載情報を元に作成したアプリですが

インストールした利用者に登録されているた電話番号や住所、メールアドレスなどが

アプリ側から抜き取られ、利用者間で閲覧できる仕組みになっているということです。

これはバグなのか、意図的なのか。。。

アプリ元のサイトでは注意書きが記されているそうです。

過去のハローページとタウンページに掲載された約3800万件の情報をもとにデータベースを作成しています。加えて、アプリ利用者のアドレス帳、GPSの情報も利用します

しかし、説明を十分に読まないまま

インストールしてしまった利用者が多数いるということで

情報セキュリティー会社のネットエージェントの話として

注意書きを見逃してしまう人は多い。知らぬ間に個人情報が公開されてしまうことになるので、絶対にインストールしないでほしい

と紹介されていました。

注意書きが書いてあればインストールと同時に情報公開もいかがなものかと思いますね

「登録情報をアップロードしますか?」くらいのダイアログは表示しても良いと思います。

アプリ「全国電話帳」は、今どうなっているのか

10月6日時点で、データベースへのアクセスは不可ということです。

しかし、既に約3300台のスマホから約76万人分の個人情報が流出していることが

確認されているということです。

アプリ「全国電話帳」のページヘは6日時点でアクセス可能でインストールはできたということです。

10月7日時点で私が確認したところ、前述のような状態で

アクセス出来ない状態になっていました。

審査が甘いことでトラブルが話題になるGoogle Playですが

コンテンツビジネス提供者として安全面への配慮に期待したいところです。

Source : SankeiBiz

よく一緒に閲覧される記事

今週の人気記事ランキングTOP10を振り返る「GPDやOPPOの新製品が上位に」(2019年1月4週目)

2019年1月20日から26日までの1週間で閲覧数の多い記事を10位か

賀正:タブクルより新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。 旧年中は当サイトを閲覧いただ

「Google Cast」がChromeブラウザに統合、インストール不要に

 Googleは米国時間8月29日、「Google Cast」をChr

→もっと見る

PAGE TOP ↑