Microsoftのクラウド型OS、『Windows 365』という名称か

公開日: : Windows ,

 インターネット接続により機能制限が解除されるクラウド型OSをMicrosoftが開発しているという噂について、新たに「Windows 365」という名前になる可能性を海外メディアが伝えています。

Windows365-01

未発表『Windows 365』や『Windows 9』など開発中か

 Neowinコミュニティへ投稿された画像には「Windows 9 & Server & Mobile Edition」や「Office 2015」と一緒に、「Windows 365」と呼ばれているアルファ版OSが掲載されています。

 これまで次世代メトロUIを備える「Windows 9」やインターネット接続によりフル機能が使える「Windows Cloud」の噂を海外メディアが伝えていましたが、はじめて「Windows 365」という具体的な名称が登場しました。

 「Windows 365」のオフラインモードでは「Windows Starter」のような機能制限がかかったOSとなり、制限解除には「Office 365」のようなサブスクリプション契約が必要となる可能性も伝えられています。

 前回の話
 Windows 8.1 update 2 は今秋アップデートで、スタートメニュー追加か―Windows 9/Windows CloudというOSの噂

Source:Neowin

よく一緒に閲覧される記事

Windows 10Xのエミュレータ公開、Touch Barな機能など2画面OSが体験可能に

Microsoftは米国時間2月11日、2020年内にリリース予定

Windows 12 Liteが発見される。

Windows 7のサポートが2020年1月14日に終了し、最新O

Chromium版『Microsoft Edge』の日本語版ダウンロードと感想・レビュー

Microsoftが米国時間1月15日に提供を開始したChromi

→もっと見る

PAGE TOP ↑