高速というAndroidエミュレータ『Windroy』をインストールした話―Windows vista/7/8対応

公開日: : 最終更新日:2014/05/25 Windows アプリ ,

 これまでAndyやGenymotion、Bluestuckなど仮想Androidを試してきましたが、新たに『Windroy』というWindows Vista/7/8用のAndroidエミュレータをインストールした内容を記録します。

windroy-03

『Windroy』をインストールした話

 『Windroy』はVectorの新着ソフトレビューに特徴が紹介されており、高速性やネット接続、日本語表示の対応、apkによるインストールが可能など色々と遊べそうな雰囲気があります。

 さっそく、『Windroy』をWindows 8 64bit版ノートPCにインストールします。

 はじめに作者のページ(socketeq.com)よりインストール用ファイルをダウンロード。

windroy-00

 「Download」リンクを選び、最新バージョンのexeファイル名を選択。

windroy-01

 Google Driveページへ移動したら、中央にある「ダウンロード」を選択。

windroy-02

 ファイルサイズが79MBもあるのでウィルススキャンができないというメッセージが表示されたページで、再び「ダウンロード」を選択するとダウンロードが開始します。

Windroy-install-01

 ダウンロードした「windroy_20140113.exe」を開き、『Windroy』のインストーラーを起動。

Windroy-install-02

 規約への同意にチェックし、Next。

Windroy-install-03

 ソフトウェアの重要な説明を読み、Next。

Windroy-install-04

 『Windroy』のインストール先を選択する画面、初期値のままNext。

Windroy-install-05

 スタートメニューの名前も初期値でNext。

Windroy-install-06

 デスクトップへのショートカットの有無、最初のころはソフト再起動など繰り返すのでチェックしてNext。

Windroy-install-07

 インストール設定の確認、Installボタンを選択。

Windroy-install-08

 インストール中。。。

Windroy-install-09

 インストール完了、作者の情報。

Windroy-install-10

 セットアップウィザードをFinishで終了。

 インストールは簡単で、VirtualBoxのインストールする項目もなかったので単独アプリでしょうか。そうなると「Genymotion」や「Andy」の抱えるバッテリー消費問題もクリアできそうです。

 次回はAndroidエミュレータ『Windroy』の起動~初期画面を記録します。

関連記事

次の記事→Androidエミュレータ『Windroy』の使い方―初期画面~日本語表示、バッテリー消費について

よく一緒に閲覧される記事

「AVG アンチウイルス」 の販売終了が発表

AVG Technologiesは10月17日、個人向けウイルス対策ソ

スマホアプリをPCで最大8倍も快適に『BlueStacks 4 』配信開始

BlueStack Systemsは9月18日、Android用ゲーム

CLIP STUDIO PAINTがアニメ制作機能を大幅アップデートへ、東映アニメーションデジタルタイムシート提供予定

セルシスは9月14日、イラスト・マンガ・アニメーション制作ソフト「CL

→もっと見る

PAGE TOP ↑