次期Windows 8.1 updateは8月13日に配信、タッチパッドやMiracastなど

公開日: : Windows

Microsoftは米国時間8月5日、ブログにて次期Windows 8.1 updateを現地時間8月12日(日本時間8月13日)より配信開始すると発表しました。タッチパッドの改善やMicrastレシーバー機能などがメインとなり大きな変更はない模様。

Windows8.1

次期Windows 8.1 updateは8月13日に配信

 Windows 8.1の次期アップデート「Windows 8.1 Update 2」についてはZDNetが日本時間8月13日にリリースされると伝えていましたが確かな情報だったようで、公式ブログで同日にアップデートを配信すると発表されました。

 しかし、4月の「Windows 8.1 Update 1」とは異なり大規模というわけではないようで、タッチパッドの改善やMicrastレシーバーとしての機能、SharePoint Onlineへのログイン改善がメインとのこと。自動アップデートを有効にしているユーザーには順次適用されるとしています。

 AndroidでいうところのAndroid 4.4.xといった感じでしょうか。

 今後は月単位で機能の追加や改善を行っていくとのこと。

 たとえ僅かであっても定期的に改善するスタイルはユーザーにとって有り難い環境、Windows 9での大きな変化に期待したいと思います。

Source:windows.com

よく一緒に閲覧される記事

Windows 10Xのエミュレータ公開、Touch Barな機能など2画面OSが体験可能に

Microsoftは米国時間2月11日、2020年内にリリース予定

Windows 12 Liteが発見される。

Windows 7のサポートが2020年1月14日に終了し、最新O

Chromium版『Microsoft Edge』の日本語版ダウンロードと感想・レビュー

Microsoftが米国時間1月15日に提供を開始したChromi

→もっと見る

PAGE TOP ↑