次期『iPad Air』は画面分割によりRAM 2GB搭載か―iWatchは8GB/RAM512MBとも

公開日: : Apple , ,

次期『iPad Air』についてRAM 2GBを搭載しマルチウィンドウ(画面分割)機能に対応する可能性が海外メディアで伝えられています。また、次期『iPad mini』やスマートウォッチ「iWatch」の一部スペックについても触れていました。

DSC01224-iPad-Air-cellular-Unbox-Tabkul.com-Review

次期『iPad Air』は画面分割対応でRAM 2GB搭載か

 TechNews.twによると次期『iPad Air』はRAM 2GBを搭載し、次期『iPad mini』はRAM 1GBのまま維持されると伝えられています。

 これまでのiPadシリーズにおけるRAM容量は以下のとおり。

  • 初代iPad:256MB
  • iPad 2:512MB
  • iPad 3:1GB
  • iPad 4:1GB
  • iPad Air:1GB
  • 初代iPad mini:512MB
  • iPad mini Retina:1GB

 次期『iPad Air』がRAM 2GBを搭載する理由としてマルチウィンドウ(画面分割)機能が挙げられており、アプリが同時実行されるマルチタスクへ対応するためと考えられています。

 マルチウィンドウ(画面分割)機能が次期iOS(OS側)で提供されるのであれば、初代『iPad Air』も対応できると思いますがRAM 1GBで軽快な動作ができるのか気がかりです。ハックして強制マルチウィンドウ化しているユーザーもいるので動作するとは思いますがApple提供システムの動作が重ければ1GBでは難しいといったところでしょうか。いずれにしても将来的には多機能化されRAM 1GBでは厳しいという状況になると思います。

スマートウォッチ『iWatch』の噂

 スマートウォッチ『iWatch』についても言及しており、内部ストレージは8GB、RAM 512MBとのこと。

 Appleが10月に開催するイベントでは次期『iPad Air』と次期『iPad mini』が発表されると予想されていますが、スマートウォッチ『iWatch』は披露されない可能性が伝えられています。

 iPad Air関連の記事一覧

Source:macrumors.com via technews.tw

よく一緒に閲覧される記事

iPhone SE第2世代向け、360度のぞき見防止 Agrado保護フィルム購入レビュー

昨日の保護ケースに続き、本日はiPhone SE第2世代向け360

第2世代iPhone SE向け、薄型TORRAS保護ケース購入レビュー

先日よりメイン端末として使用しているiPhone SE第二世代が問

iPhone12 miniのコンセプト画像が登場

2020年秋のリリースが期待されている5.4インチiPhone (

→もっと見る

PAGE TOP ↑