Microsoft、ChromecastのようなMiracastドングル『HD-10』開発か―FCC/Wi-Fi通過

公開日: : 周辺機器 ,

Googleの「Chromecast」に似たMiracastドングルと思われる製品『HD-10』をMicrosoftが開発、FCCとWi-Fi認証を通過したと海外メディアが伝えています。

microsoft-chromecast

Microsoft版「Chromecast」の話

 MicrosoftのMiracast Dongle『HD-10』がFCC/Wi-Fi Allianceの認証を通過、資料によるとWi-Fi/HDMI/USBを備えているとのこと。

 MiracastをサポートしているのでWindows 8.1のチャームからワイヤレスで映像出力できるようになると思われます。

HD-10

 FCCに掲載されたラベル位置を示す図面では、Chromecastのようなスティック型ではなく円形であることが確認できます。しかし、見方によっては筒状のスティック型という捉え方もできるため新たなリークが届くまで何とも言えません。単純にセットトップボックスを開発している可能性も考えられます。

 記事冒頭の画像はSurface Proアクセサリーとして伝えられた「Surface Miracast Dongle」。

Source:TheVergedrwindows.de

よく一緒に閲覧される記事

初回10%還元、ANKERポータブル電源「PowerHouse 256Wh」発売

Anker Japanは12月7日、一般的なポータブル電源に比べて約6

ドンキがAndroid搭載のチューナーレス・スマートテレビ発表、価格・発売日

ドン・キホーテは12月6日、オリジナルブランド「情熱価格」より「あえて

ゲオのモバイルQI充電器「SGBD-MCB02」購入レビュー

先日ゲオで注文したワイヤレスチャージャーマルチケーブルボックス「SGB

→もっと見る

PAGE TOP ↑