6月23日赤札天国で15位のAinol NOVO7 Aurora2について

公開日: : News, Novo7Auroraレビュー

さきほど、久しぶりに赤札天国さんを見に行ったら即納で上位にいるはずのNovo7 Aurora2が15位にいました。

これはNovo7 Aurora2の不具合報告が原因なのでしょうか?

旧機種Novo7 Auroraが大変使い勝手がよく2にも期待していた私ですが

なぜか手が伸びません。

不具合がカスタムファームで修正されれば返り咲くのでしょうか?

Novo7 Auroraというブログなので今一度考えてみます。

そもそも1位のタブレットは何かというと

Novo7 Aurora LG版が1位です。

何故未だに一位を保てるのかというと

  • Novo7 Aurora2の登場とシングルコアということで価格が下がったこと
  • 動作報告や対応方法が多く掲載されている安心感、良く枯れたタブレットだから

という感じでしょうか

10インチの本命U30GTが2位

これもわかる気がします。

3位 Novo7 Burning予約版です。期待票という感じもしますが。。。

4位に再びNovo7 Auroraです。

ある意味、原動N50とともにツートップといえます。

Novo7 Aurora2が持つ4つの魅力

Novo7 Aurora2の魅力を探ります。

  1. 低価格なのにデュアルコアが搭載される!
  2. IPS液晶で綺麗!
  3. Novo7 Auroraの後継機としての期待感
  4. ユーザーの多さ(Novo7 Auroraに依存)

Novo7 Aurora2に立ちはだかる7つの現実

Novo7 Aurora2の置かれている現状を考えてみます。

  1. デュアルコアが珍しくなくなってしまった
  2. IPS液晶が珍しくなくなってしまった
  3. 旧機種Novo7 AuroraとCPUぐらいしか目立った違いがない
  4. 初期設定と初回ロットのハードウェアが予想通り不具合連発だった
  5. Novo7 Buring(Flame?)を出すと予告して予約変更という自爆行為をした。
  6. Appleみたいにiphoneやipadなど魅惑の製品力や安いから買うというターゲット層も違うのにNovo7 Mars や トルネードとか機種を増やしすぎてしまったため分散した。
  7. GoogleタブレットやらWindows Surfaceなど魅惑の製品が増えてきているので「タブレットPC」だけでは売れなくなってきている

3つ目の現実はNovo7 Auroraユーザーが買う気になれない原因な気もします。

赤札さんのお知らせ

6月22日に赤札さんがショップのお知らせ欄に

「Ainol NOVO7 Aurora2 16GB IPS液晶搭載 Android4.0 ホワイト、ブラック共に再入荷いたしました。」

と掲載されています。

あれっ、先日から在庫ありでしたよね?

在庫ありなのに再入荷のお知らせということは

残念ながら余っている状態なんだろうなと思ってしまいます。

今月末にGoogleタブレット、そしてNovo7 Burningとなると「在庫あり」はしばらく続きそうです。

ainolが5インチのGalaxyNoteもどきを発売するような情報もリークされていますが

そのソースはNovo7 BurningをFlameといったサイトでもあるのでいかがなものかという情報です。

Novo7 BurningもしくはFlameの発売はいつ頃か

赤札さんでNovo7 Burningは「入荷時期は6月中旬~7月下旬頃」と書いてあります。

ドキドキ堂というお店では「7月入荷予定」でした。

JCタブレット販売というお店では「6月下旬~7月中旬入荷予定」だそうです。

おおよそ7月ごろということでしょうね

ただainolの最終兵器であるNovo7 Burning(Flame?)には

BluetoothもA-GPSもありません。つまり新しい体験はできません。

以前記事で紹介したUZONE F6 3Gはシングルコアですが7インチでBluetoothやA-GPS、simフリーといった新しい体験ができます。

正直、5インチならドコモのスマホをヤフオクで買いますが

7インチとなるとUZONE一択(個人的に)です。

これでUZONEがデュアルコア搭載機を出したら人気になるでしょうね

そしてainolがデュアルコア搭載機を価格差数千円で出したことを考えると

UZONEのデュアルコア版は、そう遠くない話かもと期待しています。

ainolには2000円くらい高くなってもいいのでBluetoothかGPS、simスロットなりを搭載してもらえたら低価格で「新しい体験ができる」「遊べる」ということで再び1位になると思いました。

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑