価格1.24万円、8型Windowsタブレット『Cube iWork8』アップグレード版が発表―スペック表と仕様の違いほか

公開日: : その他・中華タブレット

 2014年7月に発売された『Cube iWork8』のアップグレード版が9月に発売されるようです。アップグレード内容はプロセッサとRAM、ストレージで価格は699元(約1.24万円) とのこと。スペックを記録します。

Cube-iWork8-upgrade

アップグレード版『Cube iWork8』のスペック

 アップグレード版『Cube iWork8』のスペックは以下のとおり。

 タブクル調べ
 tabkul.com
Cube iWork8
OS Windows 8.1Pro
CPU(コア数) Intel Atom Z3735Dプロセッサ
1.3-1.8GHzクアッドコア
GPU(コア数) Intel HD Graphics Gen 7
ストレージ 32GB eMMC
SDカード 最大32GB対応
RAM 2GB DDR3L
液晶 8インチ
解像度 1280x800/16:10
フロントカメラ 200万画素
リアカメラ 200万画素
Wi-Fi 802.11b/g/n
GPS
Bluetooth Bluetooth 4.0
HDMI  MiniHDMI
サイズ 204x125x10mm
重さ 約385g
バッテリー 5,000mAh
価格 699元(約1.24万円)
その他 ACジャック、MicroUSB、3.5mmオーディオジャック、スピーカー、マイク/重力センサー/筐体プラスチック/初版2014年7月発売、アップグレード版9月発売。

 アップグレード版はハイライトした仕様に変更されているようです。

 アップグレード版『Cube iWork8』ではプロセッサが”Z3735E”から”Z3735D”へ変わっているとのこと。プロセッサの違いを調べたところ2つとも2014年Q1リリースで周波数も1.33GHz~1.83GHzと同じですがRAMの最大サイズが1GBから2GBとなり帯域幅が5.3 GB/sから10.6 GB/sへ増加していました。グラフィックスの仕様に違いはありませんでした。

 RAMは従来の1GBから2GBへ増量、内部ストレージも16GBから32GBへ増量されています。

 アップグレード版『Cube iWork8』は価格699元(約1.24万円)で近いうちに中国で発売される模様。

 先日は7インチ版の話がありました。
 約1万円の7型Windowsタブレット『CUBE iWork7』発売―スペックほか

Source:PadNews

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑