2,500円でTVワイヤレス化、『COSTEL WiTV』注文した話―Android/iOS/Windows対応

公開日: : 周辺機器

 僅か2,500円で自宅のテレビをワイヤレス化してAndroidタブレットやiPad、そしてWindowsパソコンからも楽しめるという『COSTEL WiTV』を注文しました。明日には到着するので必要なモノや設定など準備する内容を記録します。

witv

テレビをAndroid/iPad/Windwosで楽しむ『COSTEL WiTV』

 2013年3月に3G回線から自宅TVが視聴できる「SlingBox 350」の購入を検討しましたが、当時は高速なMVNOサービスもないことや約2万円という価格に躊躇してしまい購入へ至りませんでした。

 本日、アマゾンに訪問した際に「SlingBox 350」が表示され見ていたところ『COSTEL WiTV』を発見、しかも参考価格13,824円から2,500円まで値下げされているではありませんか。

 実は『COSTEL WiTV』も購入候補だったのですがHDMIポートがないため十分に検討せず対象から外してしまった過去があり、今一度Costelへアクセスして主な機能を調べました。

 『COSTEL WiTV』の主な仕様/機能は以下のとおり。

  • インターフェイスはRCA出力端子(コンポジット)/有線LAN/USB/DC
  • Wi-Fi/3G/4G回線でストリーミング再生が可能
  • 3G回線では画質設定を”低画質”に
  • 同時視聴は1台まで
  • WiTV試聴用のAndroid(Google Play)/iOS(iTunes)/Windowsアプリ(WiTV)ソフトは無料

 その他、FAQにはプライベートIPを付与するプロバイダでは外部視聴ができないなど基本的な話が掲載されています。

 2014年7月時点のiOS対応機種は以下のとおり。

機種名 対応
iPhone 3G
iPhone 3GS
iPhone 4
iPhone 4S
iPhone 5
iPhone 5C
iPhone 5S
iPad(第一世代)
iPad 2
iPad(第三世代)
iPad(第四世代)
iPad Air
iPad mini

 Android端末では「Nexus 4」と「Nexus 7」(Android 4.1)は対応機種に入っていましたが2013年モデルなのかは不明。

『COSTEL WiTV』の初期設定

witv.1

  1. Android/iOS/Windowsソフトをインストール
  2. 付属のコンポジットケーブルを外部AV機器と接続
  3. 本体底部にあるデバイスIDを端末で入力すれば利用可能

 初期パスワードは取扱説明書(PDFファイル)に記載があり「12345678」となっていました。また、USBポートは何に使うのか調べたところファームウェアのアップグレードに使うとのこと。

COSTEL WiTV CVS150-CA

COSTEL WiTV CVS150-CA

COSTEL WiTV CVS150-CA
COSTEL
価格: 2,500円 (82%OFF) レビュー104件(2014/10/09現在)

注文したWiTV。



 明日到着したら実際に使えるのか試したいと思います。

よく一緒に閲覧される記事

モバイルSuicaの新機能とサービス停止時間が発表、おトクなきっぷ・定期券がアプリ対応に

JR東日本は1月27日、モバイルSuicaに対してカードタイプと同じ

数量限定18%OFF、Anker製コンセント付きモバイルバッテリー「Anker PowerHouse 100」が特価に

アマゾンジャパンが毎日開催しているタイムセールにおいて、ANKERが

GaN採用の65W小型3ポートUSB充電器「UGREEN CD244」発売、記念クーポンあり

UGREEN(中国・深セン)は1月25日、GaN(窒化ガリウム)採用

→もっと見る

PAGE TOP ↑