So-net、『Prepaid LTE SIM』を料金据置で大幅なサービス拡充・新プラン追加を発表

 ソネットは10月22日、プリペイド式SIMカードサービス『Prepaid LTE SIM』において既存4プランを料金据置でデータ容量を大幅に向上したほか、月間2.2GBまで高速通信が行える新プラン「プラン2.2G」を追加、いずれも10月30日より提供を開始すると発表しました。

sonet-20141022

So-net、『Prepaid LTE SIM』をサービス拡充・新プラン追加

 ソネットの『Prepaid LTE SIM』は、これまで「プラン100M」と「プラン500M」が用意されていましたが、サービス改定後は「プラン1G」と「プラン3G」となり、高速データ容量は月間100MBから1GB(10倍)、500MBから3GB(6倍)に増量され価格は据え置きとなっています。

 今回は中間に位置する「プラン2.2G」が投入され、以下3プランとなりました。

『Prepaid LTE SIM』の料金プラン

 (価格は全て税抜き表示)

  • プラン1G:利用期間30日/料金3,704円
  • プラン2.2G:利用期間30日/料金2,778円
  • プラン3G:利用期間60日/料金4,630円

 また、同時にアマゾン向けに展開しているプランではデータ容量が2倍となっています。

『Prepaid LTE SIM for Amazon.co.jp』の料金プラン

 (価格は全て税抜き表示)

  • プラン1G→プラン2G:利用期間30日/料金2,963円
  • プラン6G→プラン12G:利用期間180日/料金12,037円

 ソネットは新プランの適用条件を「既存プランのパッケージを購入された方でも、10月30日AM0時以降にWebでの利用手続き(アクティベーション)を行われる場合は、新スペックで利用できます。」としています。

 先日、KDDIが月間1GB/1,500円で利用できる「LTEデータプリペイド」を11月4日より提供開始と発表しており、それを受けてのサービス拡充かもしれません。

 ソネットは10月1日に月額制のLTEモバイル通信サービス(MVNOサービス)『PLAY SIM』、『PLAY SIM for Amazon.co.jp』、『Smart G-SIM/Smart G-SIM for Wi-Fi by So-net』を価格据え置きでデータ容量を増量すると発表しています。

 モバイル通信の最新記事

Source:ソネット

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑