任天堂、ゲームボーイのエミュレータ特許を取得―飛行機など多くのプラットフォームに提供へ

公開日: : 周辺機器

 任天堂が米国USPTOにてゲームボーイのエミュレータに関する技術の特許を取得したことが判明しました。同社は既にWii/DSなどでファミコンなどの旧ゲームをプレイできるエミュレータを内蔵させていますが、今回の特許では航空会社や電車での活用を意識した内容となっています。

gameboy-advancesp

ゲームボーイのエミュレータ特許を取得、任天堂の狙い

 任天堂のゲームボーイのエミュレータに関する技術の特許取得は米国時間11月27日にUSPTO経由で明らかとなりました。

 neogaf.comに投稿された特許情報を見てみると、特許はGAME BOY/GAME BOY COLOR/GAME BOY ADVANCEが対象となっており、航空会社や電車(新幹線?)など幅広い場所で多くの人がゲームを楽しめるといった内容が続いています。飛行機の座席シート背面にインストールしてゲームを楽しめるといった具体的な内容まで記されていました。

 ゲームボーイ系エミュレータを多くのプラットフォームで利用するため当然ハード環境も異なりますが、このことについて特許では最低限の条件としてネイティブと同等の映像と音質を求めています。

 TechCrunchは、任天堂の取得したエミュレータ特許について「旧特許の更新」で全く新しい技術ではないほか、同社製ハードに拘らずゲームボーイの懐かしいゲームを復活させようとしていると伝えています。

任天堂がスマホなどに進出する可能性

 AppleはMFi認証ゲームコントローラーとしてiOSで使えるハードウェアの支援を行い、GoogleもAndroid TVなどでプレイするためのゲームコントローラーを披露していました。

HORIの「Made for iPod / iPhone / iPad」対応製品

ホリ HORIPAD WIRELESS for iPhone/iPad [HIP-043]

ホリ HORIPAD WIRELESS for iPhone/iPad [HIP-043]
ホリ
価格: 7,670円 (11%OFF) レビュー3件(2014/11/30現在)



 

 スマートフォンのゲームは画面をタップするだけ、そんな従来の端末単位の考えからテレビやゲームコントローラーなど家電へシフトしてきている現状を考えると、自社ハードだけではなくAndroid/iOSの世界へ進出できるのか試すのに旧ゲームを使うのはスマートな選択だと思います。

 将来的にハードは開発せず特許ビジネスに特化するためのプラットフォーム構築準備であればGoogleとAppleが各プラットフォームのゲームをテレビとコントローラーから発展させて、航空会社や自動車メーカーへ提供を始める前に確立しておく必要がありそうです。

Source:neogaf.comTechCrunch

よく一緒に閲覧される記事

(祭り)筆圧4096など最新の人気PC・タブレット特集セール開催中

アマゾンジャパンが定期的に行っているタイムセール祭りにおいて、iP

PS5の価格・発売日が発表、ハリー・ポッターやバイオハザードなど新タイトル動画も公開

ソニー傘下のソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は

任天堂、「ニンテンドー3DS」生産終了を発表

任天堂は9月17日、ニンテンドー3DSシリーズの本体の生産はすべて

→もっと見る

PAGE TOP ↑