「ATOK 2015 for Windows」は2月6日発売、来年1/13まで使える無償試用版も配布中

公開日: : Windows アプリ

 ジャストシステムは12月2日、日本語入力システム『ATOK 2015 for Windows [ベーシック]』と『ATOK 2015 for Windows [プレミアム]』を2015年2月6日より発売すると発表しました。希望小売価格は8,000円/12,000円(いずれも税抜き)。

ATOK-2015-for-Windows

「ATOK 2015 for Windows」の特徴と機能、価格

「ATOK 2015 for Windows」(ベーシック)の機能

思考を先読み、「推測変換」候補を表示する「推測フォロー変換」機能

 最初の数文字を入力すると言葉・フレーズを推測して候補を表示する「推測変換」機能を「推測フォロー変換」として強化、複数文節を入力した場合でも、入力途中で推測候補が消えずに入力内容にあわせて変換候補の提示を続ける機能で、入力効率が最大20%向上するとのこと。

連想変換を強化、最適な言葉を探す「類語ファインダー」

 変換中の言葉から連想される類義語や言い換え表現を提示して入力支援する連想変換機能を「類語ファインダー」として強化。

専門用語辞書を大幅に拡充、約10万語を新たに追加

 自然科学、社会科学、人文科学の主要な分野から幅広く専門用語を収集、新たに約10万語を追加した変換辞書を搭載。ビジネス文書はから趣味で作成する資料まで、あらゆる専門用語の入力を支援できるとのこと。

入力中の文脈を解析して略称を最適化

 「ATOK」が入力中の文章の内容から適切な変換候補を提示する機能を強化、初めて略称を入力する場合でも正式名称の入力後であれば、同音異義語と区別して適切に変換できるとしています。例として、「重要文化財」と入力後に「じゅうぶん」と入力すると「重文」を変換候補として提示。

「ATOK 2015 for Windows」(プレミアム)の機能

 プレミアム版はベーシックの機能に加え限定機能のほか、ATOK連携電子辞典・連想変換辞書を搭載したバージョン。

新機能「ATOKナントカ変換サービス」

 思い出せない言葉に対して「なんとか」または「?」に続けて言葉を入力することで後方一致による変換をしてくれる機能で、「なんとかびじゅつかん」と入力すると「なんとか」に入る言葉を候補として表示するとのこと。

 プレミアム版には「ATOKクラウドサービス」の1つとして「ATOKナントカ変換サービス」の1年間利用権が付与される模様。

新搭載「三省堂類語新辞典 for ATOK」で「類語ファインダー」を強化

 実生活に即した約5万語を収録し季語まで確認できる『三省堂類語新辞典』を初搭載、この辞書により先ほどの「類語ファインダー」で連想変換できる語彙数を大幅に増えるとしています。

 例として「桁外れ」と入力するとプレミアム版では「エポックメーキング」「記録破り」「前人未到」といった候補を表示、またビジネス文書で避けたほうがよいとする「俗語」情報も示すとのこと。

新語に強い「三省堂国語辞典 for ATOK」を収録

 2014年1月改訂された『三省堂国語辞典 第七版』をいち早く収録、新聞や雑誌、書籍、放送、インターネットなどから実例を採集、「買い増し」「顔が見える」「連勤」などの現代語もサポート。

ATOK 2015 for Windows オールインワンパック

 オールインワンパックではプレミアムの機能に加え、次の辞書・辞典が搭載されています。

  • 広辞苑 第六版 for ATOK
  • 角川類語新辞典 for ATOK
  • ロングマン英英・英和辞典 for ATOK

 「オールインワン辞書・辞典パック2015 for ATOK」というバージョンも用意されていますが違いがわかりませんでした。

ATOK 2015 for Windows の動作環境

 ベーシック/プレミアムともに対応OSは同じで次のようになっています。

  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7
  • Windows Vista(Service Pack 2以上)

各日本語版が正しく動作するパソコンで32ビット(x86)/64ビット(x64) に対応。また、連想変換「類語ファインダー」の利用には、Internet Expolorer 8以上が必要。

 ハードディスクに必要な容量はベーシック版が480MB以上、プレミアム版が1.1GB以上、オールインワンパックは1.6GB/2.1GB以上となっています。

 また3つのバージョンはいずれも同一ユーザーが使用するパソコン3台まで利用できるとしています。

ATOK 2015 for Windows の価格と発売日

 ATOK 2015 for Windowsシリーズは2015年2月6日(金)の発売日が予定されており、価格(税抜き)は次のようになっています。

  • ベーシック:8,000円
  • プレミアム:12,000円
  • オールインワンパック:18,000円
  • オールインワン辞書・辞典パック:15,000円

 上記は通常版の価格で、他に割引価格となるAAA優待版と優待版が用意されています。

ATOK for Windows 無償試用版ダウンロード

 最新世代ATOK 2015の新機能「ATOKナントカ変換」と、ATOK Passportの限定機能「ATOKクラウド推測変換」が利用できる体験版が用意されています。

 無償試用版は2015年1月13日まで利用可能となっています。

 さっそくインストールしたいと思います。

Source:ジャストシステム無料体験版ダウンロード

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑