Android搭載キーボード『OneBoard Pro+』登場/スペックと価格

 なんと今度はAndroidが動作するキーボード『OneBoard Pro+』が登場しています。更に普通のキーボードとして使うだけではなくDVI入力を備え外部映像をHDMI出力することも可能、ある意味デュアルブート的な使い方もできる仕様となっています。

 AliExpressの販売価格は299ドルとなっています。

OneBoard-Pro-Plus.1

Androidキーボード『OneBoard Pro+』のスペック

 『OneBoard Pro+』は正面から見ると普通のキーボードですがAndroid 4.4.2を採用し、CPUにはRockchip製RK3288 ARMプロセッサ Cortex-A17クアッドコア(GPU:Mali-T764)、RAM 2GB、内部ストレージは16GBを内蔵、外部メモリとしてSDカードスロットも備えています。

インターフェイスが豊富

OneBoard-Pro-Plus.2

 Android端末はインターフェイスが不足がちですが、『OneBoard Pro+』は違います。

 インターフェイスにフルサイズUSBx2基、DVI入力とHDMI出力、3.5mmヘッドホンジャック、電源ポートを備え、通信はWi-Fi 11b/g/n、Bluetooth 4.0。

外部映像を取り込んでモニターへ出力できる

OneBoard-Pro-Plus.4

 『OneBoard Pro+』の使用例、完全に司令塔となっています。

OneBoard-Pro-Plus.3

 背面はシンプル、本体サイズは332x178x40mm、重量2.76kg。

OneBoard-Pro-Plus.8

 どこにであるキーボードにしか見えません。

OneBoard-Pro-Plus.5

 先ほどの使用例を実現するための付属品と思われます。

OneBoard-Pro-Plus.7

 OSはAndroid 4.4.2、起動中のアプリがWindowsのように並んでいます。

OneBoard-Pro-Plus.6

 Antutuスコアは45153、立派なAndroidデバイスです。

 『OneBoard Pro+』はAliExpressの価格299ドルで販売されています。

 前回の謎デバイス
 モバイルバッテリーにもなるデスクトップPC『Ainol Mini PC』登場/スペック

Source:AliExpressGeek

よく一緒に閲覧される記事

ドンキが9980円の電子書籍タブレット『読みまくリーダー』(YMR8-DS)発表、スペック・発売日

ドン・キホーテは9月25日、プライベートブランド「情熱価格」より電

OneMix 3Sで日本語入力、追加ソフトなしでキーボード設定を変更

OneMix 3Sに限らず海外製ノートパソコンは日本語入力を想定し

小型ノートPC『OneMix 3S Platinum』でPCゲームは遊べるか、熱問題・ファン音など

ONE-NETBOOKが小さな筐体に筆圧感知やRAM16GBなどを

→もっと見る

PAGE TOP ↑