PIPO、10.1型Core M/RAM4GBのWindowsタブレットを披露

公開日: : PIPO ,

 PIPOは現地時間2月6日、10.1型にCore Mプロセッサ/RAM 4GBを搭載したWindowsタブレットをWeiboで披露しました。価格は約4.77万円(2499元)。

PIPO-CoreM-10.1-00

PIPO製Windowsタブレットのスペック

PIPO-CoreM-10.1-03

 PIPO製WindowsタブレットはIntel Core M-5Y10c 800MHz~1.00GHzプロセッサ/RAM 4GBを搭載、64bit版Windows 8.1 Proとあるためビジネス向けと思われます。

 内部ストレージは64GB eMMCとのこと。

インターフェイスの画像

PIPO-CoreM-10.1-02

 インターフェイスはUSB3.0、USB2.0、MicroSDカードスロットを備えていると伝えられています。3.5mmヘッドホンジャックのほかに電源ポートらしきパーツも見受けられます。

 右端はSIMスロットでしょうか。

 PIPO製Windowsタブレットの価格は約4.77万円(2499元)と伝えられています。

Source:Weibo.com

よく一緒に閲覧される記事

1024段階ペン対応ミニPC『New PiPO X10』と『PiPO X11』発表、デュアルブートなどスペック

中国メーカーPiPOは香港で開催されたイベントにおいて、筆圧感知102

PiPO KB2発表、折り畳みキーボード型ミニPC―日本で発売予定・スペック

 中国メーカーPiPOから折り畳み式キーボードのスタイルをしたミニPC

7.85型+Rockchip RK3288WなWindows 10 Mobile版タブレット『PIPO U8T』発表―スペック

 中国メーカーPIPOがCES 2016においてRockchip製So

→もっと見る

PAGE TOP ↑