1024段階ペン対応ミニPC『New PiPO X10』と『PiPO X11』発表、デュアルブートなどスペック

公開日: : PIPO ,

中国メーカーPiPOは香港で開催されたイベントにおいて、筆圧感知1024段階ペンに対応するミニPC『New PiPO X10』と『PiPO X11』を発表しました。

PIPO-X11-and-X10-Launch-01

『New PiPO X10』と『PiPO X11』発表、スペック

PiPOはHong Kong Global Sources Fairにおいて『New PiPO X10』と『PiPO X11』という2つの新モデルを発表しました。

共通仕様としてはCPUにIntel Atom x5-Z830(Cherry Trail)プロセッサにメモリ2GB/4GB、ストレージに32GB/64GB eMMCを搭載、OSにWindows 10 Home / Android 5.1 をプリインストールし、デュアルブートに対応するミニPCとなっています。

PIPO-X11-and-X10-Launch-02

ペン対応New PiPO X10

『New PiPO X10』は画面サイズ10.8インチFHD(1920x180)解像度ディスプレイで背面へ向かうほど厚みが増す傾斜のある筐体となっています。

PIPO-X10-Launch-05

最大の特徴は筆圧感知1024段階のアクティブスタイラスペン(別売りオプション)をサポート、手のひら検知や2つのボタンによる消しゴム機能などが利用可能とのこと。

インターフェイス

PIPO-X10-Launch-01

『New PiPO X10』の右側面にはフルサイズUSB3.0と2.0が1基ずつ、イヤホンジャックとスピーカーがありました。

PIPO-X10-Launch-02

背面にはUSB2.0x2基、HDMI、LANポート、DCポート。

同デバイスが「New」としているのは過去に同名のミニPCをアップグレードしたバージョンであるためとしています。

PiPO X11

『PiPO X11』の「PiPO X9」の後継機種で画面サイズは8.9インチFHD解像度で先ほどのアクティブスタイラスには対応していないようです。

PIPO-X11-Launch-02

インターフェイスはX10と同じに見えますが古いモニターへの出力をサポートしています。

PIPO-X11-Launch-01

側面にもUSBなどが配置されていました。

『New PiPO X10』と『PiPO X11』の2機種ともIntelの新しいApollo Lakeチップではなく、処理性能を見ると物足りなさを感じますが、その分だけ低価格になるとみられています。

Notebookitaliaによると現在生産中で間もなくリリースを迎える予定で、価格はシステム構成により199ドルから249ドル程度になると伝えられています。

Source:NOTEBOOKitalia

よく一緒に閲覧される記事

1024段階ペン対応ミニPC『New PiPO X10』と『PiPO X11』発表、デュアルブートなどスペック

中国メーカーPiPOは香港で開催されたイベントにおいて、筆圧感知102

PiPO KB2発表、折り畳みキーボード型ミニPC―日本で発売予定・スペック

 中国メーカーPiPOから折り畳み式キーボードのスタイルをしたミニPC

7.85型+Rockchip RK3288WなWindows 10 Mobile版タブレット『PIPO U8T』発表―スペック

 中国メーカーPIPOがCES 2016においてRockchip製So

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑