iPhoneの通知をAndroid Wearスマートウォッチに転送した開発者現る/動画

公開日: : スマートウォッチ ,

 iPhoneの通知機能を利用し、Android WaerスマートウォッチにAPKファイルをインストールすることで、iPhoneの通知内容をスマートウォッチへ転送することに成功した開発者がYouTubeに動画を公開しました。

android-wear-ios

iPhoneの通知をAndroid Wearスマートウォッチに表示

 iPhoneユーザーがAndroid Wearスマートウォッチを使えるようになるかもしれない大きな可能性を秘めた一歩を踏み出したのは、Xposedモジュールなどを開発するXDAで有名なデベロッパーMohammadAG氏です。

 同氏はiOSに搭載された「Apple Notification Center Service (ANSC)」というBluetoothによる通知機能を利用しているとのこと。

通知を転送する様子

 10秒の短い動画ですが通知が遅延なく転送されている様子が確認できます。

Apple Notification Center Service (ANSC)で出来ること

 iOS7から搭載されたApple Notification Center Service (ANSC)は着信やメール受信といったiOSが受け取る様々な通知をBluetooth LEで接続している外部デバイスに遅延なく通知できるサービス。

 同機能はカシオ「STB-1000」などでも利用されているほか、海外ではファームウェアのアップデートでiOS通知に対応するBluetooth腕時計も存在しているようです。

Android WearスマートウォッチはiOS通知も対応か

 同氏の方法はiOS側で用意されたANSC機能を使うため「Jailbreak」不要というユーザーにとって敷居の低さが魅力、また着信の通知もできるようになれば実用的で需要はあると思います。

 今回、スマートウォッチにインストールするAPKファイルは公開されていないようですが、この方法を実現するためにはペアリングするAndroid搭載スマートフォン・タブレットが必要となるためiPhoneとスマートウォッチだけで実現することはできません。

Source:TwitterAndroidAuthority

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchに画面内Touch ID搭載か、特許申請で明らかに

Appleが米国特許商標庁(USPTO)に申請した特許情報からAp

Apple Watchの『体育の日チャレンジ』開催中、30分ワークアウトで限定バッジ

Appleが様々な記念日にチャレンジ企画を開催しており、今回10月

未来のスマホか、1.6万円でRAM3GB搭載スマートウォッチ『KOSPET Prime 4G』が先行セール開催中 #GearBest

次世代バッテリーの性能によってはスマートフォンは腕に着けておくとい

→もっと見る

PAGE TOP ↑