7型Windows Phone 8.1スマホ『Ramos Q7』発表、一部スペック

公開日: : Ramos ,

 中国メーカーRamosが香港エレクトロニクスフェアにおいて、7インチというサイズのWindows Phone 8.1搭載スマートフォン『Ramos Q7』を発表しました。

Ramos-Q7

『Ramos Q7』の一部スペック

 『Ramos Q7』は画面サイズ7インチ(解像度1280x720)とタブレットサイズながらWindows Phone 8.1を採用、CPUにはQualcomm MSM8212プロセッサ 1.2~1.4GHzという文字が確認できます。

 調べてみるとプロセッサは「Snapdragon 200」で次の2種類にわかれるようです。

  • 最大1.2GHz ARM Cortex-A7 クアッドコア
  • 最大1.4GHz ARM Cortex-A5 クアッドコア

 GPUはAdreno 302またはAdreno 203、DSPはHexagn V50 DSP(最大700MHz)。

 RAM 1GB、内部ストレージ16GB eMMC、カメラは背面500万画素/前面200万画素。

通信とネットワーク

 プロセッサから以下の通信環境と思われます。

 モデムはWCDMA(DC-HSPA+), CDMA 1x, EV-DO Rev. A, and GSM/EDGEをサポート、3Gは最大42Mbpsに対応し、デュアルSIM(DSDS/DSDA)とトリプルSIM(TSTS)をサポート。

 Wi-Fi 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0。

 バッテリー容量は4,000mAh。

RamosといえばSurface風Windows端末もありました。

romos-M12.02

 Ramosは2015年1月のCES 2015においてIntel Core Mと背面キックスタンドを備えた2in1タイプのWindowsタブレット『Ramos M12』を発表しています。

 Core M&キックスタンド!Winタブ『Ramos M12』登場、一部スペック #CES2015

Source:ITHome

よく一緒に閲覧される記事

Ramos、Android/iOSから操作できるロボット『小魔头』発表

 中国メーカーRamosが同社のマスコットキャラクターをロボット化した

重さ237gの7型Windows Phone『Ramos Q7』が中国FCC通過

 中国OEM「RAMOS」が2015年4月に香港エレクトロニクスフェア

7型Windows Phone 8.1スマホ『Ramos Q7』発表、一部スペック

 中国メーカーRamosが香港エレクトロニクスフェアにおいて、7インチ

→もっと見る

PAGE TOP ↑