モバイル用バックパック選び 5選、「防水・通勤ラン・軽量」

公開日: : 周辺機器

 どこにでも持ち運べるモバイル用バックパック(リュックサック)が欲しくなり調べたところ、容量だけではなくランニング・ジョギング向けであったり、自転車向け、防水機能、ハイキング用、PCやカメラ収納に特化するモデルと様々な種類がありました。

 そのため、欲しいバッグの条件を考え、満たしてくれそうな製品を5つに絞り、並べるまでを記録します。

 

backpacks

モバイル用バックパックの選び方

 モバイル用バックパックに求めた条件は次のようになりました。

  • 本体が軽量であること
  • 防水または防滴であること
  • 背負った時の負担が少なく、動きやすいこと
  • ノートPCが入ること
  • 小物入れがあること(財布や鍵、スマートフォンなど)

 防水についてはトレランや通勤ランをするわけではないので防滴で間に合うかと思いました。

 重量は軽量であればあるほど背負った時に負担を軽減するベルトなどの素材が薄くなり、快適性を失うという情報があったので追い求めないようにしました。

 ノートPCは10型Windows「Surface Pro 2」が入ることを基準にします。

 全体的に動きやすくて荷物が入るというシンプルな要件にして追求するとトレラン・通勤ラン用のバックパックが良いのではないかと考えるようになりました。

[サロモン] salomon TRAIL 20 L35979200 DARK GREY CHINE/IRON (グレー)

[サロモン] salomon TRAIL 20 L35979200 DARK GREY CHINE/IRON (グレー)

[サロモン] salomon TRAIL 20 L35979200 DARK GREY CHINE/IRON (グレー)
SALOMON(サロモン)
価格: 6,764円 (9%OFF) レビュー16件(2015/07/13現在)

(メーカー説明)デイハイクから長距離ランにも対応可能な容量を備え、バランスの良い 性能を持った軽量トレイルパック。軽量性と通気性を追求したエアベン トシステムを採用。

製品名に”20”とありますが、容量は16L。

タテ:48 cmX ヨコ:24 cmX マチ:18 cm、重量470g。

Salomon製品ページ



(アークテリクス)ARC’TERYX ASTRI 19 アストリ POSEIDON ポセイドン [並行輸入品]

(アークテリクス)ARC'TERYX リュックサック バックパック 14467 ASTRI 19 アストリ POSEIDON ポセイドン [並行輸入品]

(アークテリクス)ARC’TERYX ASTRI 19 アストリ POSEIDON ポセイドン [並行輸入品]
ARC’TERYX(アークテリクス)
価格: 13,800円 レビュー0件(2015/07/13現在)

(メーカー説明)防水処理加工のAC²デイパックで、シームテープを施しています。ジッパー式のフロントポケットと文書用固定ストラップ、13インチまでのラップトップが入ります。パッド入りバックパネル付きで、ウェストベルトは取り外しが可能です。

防水処理と軽さが魅力のバックパック。

W30cm×H47cm×D14cm、重量:420g。

アークテリクスの製品ページ



[ドイター] deuter アドベンチャーライト 18 D42042 3479 (アークティック×アンスラサイト)

[ドイター] deuter アドベンチャーライト 18 D42042 3479 (アークティック×アンスラサイト)

[ドイター] deuter アドベンチャーライト 18 D42042 3479 (アークティック×アンスラサイト)
deuter(ドイター)
価格: 10,800円 (5%OFF) レビュー9件(2015/07/13現在)

(メーカー説明)トレイルランニング、アドベンチャーレースのために開発されたモデルです。背面システムは通気性の高いエアストライプシステムを、そして選び抜かれた軽量素材を採用し、H2Oシステム、携行食を収納できるヒップフィンを装備したハイパフォーマンスモデルです。

タテ:46 cmX ヨコ:24 cmX マチ:16 cm、重量650g。

ドイターの製品ページ



THE NORTH FACE(ノースフェイス) マーティンウィング16 NM61324 ボンバーブルー S

THE NORTH FACE(ノースフェイス) マーティンウィング16 NM61324 ボンバーブルー S

THE NORTH FACE(ノースフェイス) マーティンウィング16 NM61324 ボンバーブルー S
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
価格: 10,000円 (29%OFF) レビュー20件(2015/07/13現在)

(メーカー説明)トレイルランニングパックの定番としてその名を知らしめたマーティンウィングの16Lモデル。レース用に開発された元祖マーティンウイングの背負い心地を継承し、ショルダーハーネスをタスキのように胸の高い位置で固定する型にすることでさらなる安定感の向上をはかりました。大容量のメインの収納はJ型のトリプルジッパーを採用、用途に合わせてトップアクセス、サイドアクセスを選べるのが特徴です。重量が入ることを考え、安定感を重視したヒップベルトを採用しています。たくさんの荷物が必要なロングレースで頼れるモデルです。(製品ページへ)

S(42×21.5×14cm/500g/14L)、L(45×22.5×14.5cm/530g/16L)。



コミネ KOMINE SA-208 ウォータープルーフ ライディングバッグ 20 (20L) ブラック 09-208

コミネ KOMINE SA-208 ウォータープルーフ ライディングバッグ 20 (20L) ブラック 09-208

コミネ KOMINE SA-208 ウォータープルーフ ライディングバッグ 20 (20L) ブラック 09-208
コミネ(Komine)
価格: 3,427円 (24%OFF) レビュー49件(2015/07/13現在)

(メーカー説明)普段の通勤通学から週末のちょっとしたツーリングまで広く使える容量の防水仕様バックパック(製品ページへ)

防水性で選ぶなら良い選択肢。

W290×H490×D140、重量不明(アマゾン記載の商品重量839g)。



 

モバイル用バックパック、何を選ぶか

 ”5つに絞った”とは言えないほどジャンルが多岐にわたっていますが、日常生活において重要な項目から選んでいくと「軽さ」と「フィット感」、そして「耐久性」を重視していることがわかりました。それを基準にすると”背負って走ることができて素材がしっかりしていそう”なドイターとノースフェイスの2製品となりそうです。

 次に「容量」ではドイター、「収納ポケット」はノースフェイスといった感じでしょうか。

 デザインはドイターが好みです。

 ドイターは自転車ユーザーの間で背中の通気性が好評のようで、”アドベンチャーライト”シリーズはトレイルランニング向けとあり素材も期待できます。自転車を使うことも考えるとドイターが良さそうに思えてきました。

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑