トランセンドが「Wi-Fi SDカード」発表、Class10 / 32GB / 99ドル(約7,900円)

公開日: : 周辺機器

台湾トランセンドが2012年11月8日、「Wi-Fi SDカード」を発表しました。

無料のWi-Fiアプリを使用するとカメラから直接タブレット等へデータを送信可能で

トランセンドのWi-Fi SDカードについて、容量や価格、機能について記録しておきます。

Transcend-Wi-Fi-SD-Card-01

トランセンドの「Wi-Fi SDカード」について

トランセンドの「Wi-Fi SDカード」には、「Direct Share」と「Internet Mode」という

2つのモードが存在するということです。

Direct Share」は、ピアツーピア接続タイプでカメラと転送先を直接接続

Internet Mode」は、Wi-Fiのクライアント機能と思われます。

トランセンド「Wi-Fi SDカード」のスペック

驚きなのが「Class10」であることです。

手持ちの現行「Eye-Fi」シリーズでも「Class6」ですから高速ですね。(2012/11/11時点)

SDHCカードに対応しており、容量は16GBモデルと32GBモデルの2種類があります。

容量に関しても先日記事にした

Eye-Fi」の「Eye-Fi Pro X2 16GB Class10」を超える容量となっています。

トランセンドの無料アプリについて

iOS / Android 用のアプリが無料で配布されるようです。

Facebookやメールに写真や動画を送信したり、ダウンロードコンテンツとしての使用

データの共有などが行えるということです。

パソコンに関しては「Webブラウザ」経由で同機能にアクセス出来るということです。

トランセンド「Wi-Fi SDカード」の価格

価格は以下のとおり。

  • 16GBモデル : 69ドル(約5,500円)
  • 32GBモデル : 99ドル(約7,900円)

Eye-Fi」の「Eye-Fi Pro X2 16GB Class10」は価格が9980円でしたから

同じ16GBモデルで比較すると約4000円もトランセンドが安いことになります。

あとはアプリの充実度、自由度でしょうか

Eye-Fi」の魅力は設定項目の多さ、自由さにあります。

トランセンド「Wi-Fi SDカード」の登場により

Wi-Fi機能搭載アイテムが今後増えそうですね。

前回のWi-Fi搭載SDカード

高速化した「Eye-Fi Pro X2 16GB Class10」は 11/14 発売(数量限定)、スペック比較表

Source : techpowerup

よく一緒に閲覧される記事

期間限定15%OFF、筆圧検知8192のAcepen ペンタブが特価に

Acepenが筆圧検知8192レベル / 10x6インチのWindo

手を出せる寝袋「Bears Rock FX-451G」購入レビュー

昨日、センタージップで寝袋から両手を出せる「Bears Rock F

横開き寝袋の弱点克服、センタージップ寝袋「Bears Rock FX-451G」を注文した話。

先日ロゴス寝袋を雪の降る日に使った状況をレポートしたが、よくよく考え

→もっと見る

PAGE TOP ↑