4.7インチ『iPhone 8』はワイヤレス充電+ガラス筐体か

公開日: : Apple

 米アップルの次期iPhone(iPhone 8)について、ワイヤレス充電とガラス筐体が特徴になるだろうとKGIアナリストが伝えています。

iPhone-Rumor-161129.01

スポンサーリンク

4.7インチ『iPhone 8』はワイヤレス充電+ガラス筐体か

 MacRumorsは太平洋時間11月29日、新しい4.7インチ iPhone はガラス筐体とワイヤレス充電を特色としてエントリ向けに買い換え需要を引き起こすというKGI証券アナリスト Ming-Chi Kuo氏の最新リサーチノートを伝えています。

 また、OLEDモデルが全く新しいデザインのフォームファクタとなり、TFT-LCDモデルと比べて優れたスペックでハイエンド・ユーザーの買い換えを促すとも伝えました。

 同氏は過去にも2017年の新しいiPhoneはワイヤレス充電をサポートするだろうと可能性を伝えており、5.5インチや4.7インチを含め同様の機能を備えている事が予想されます。

 新しい4.7インチ iPhone の製造は台湾Pegatronが独占するだろうという予測のほか、来年のiPhone 全モデルは共通でガラス筐体とワイヤレス充電になるだろうとのこと。そうなると注目はハイエンド向けのOLEDモデルとなります。

 Appleは2017年9月に次期iPhoneシリーズを発表すると思われます。

 前回のiPhone
 次期iPhone、曲面有機EL液晶モデルを投入か:WSJ

 Source:MacRumors

Appleの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まもなく新型iPad発表か、「A1893」「A1954」2モデルが登場

アップルのタブレット端末iPadの最新モデル2機種がユーラシア経済連合

4.2インチiPhone SE 2がWWDC 2018で発表か、デザインやスペックの予想

2016年3月に発表された4インチの小型スマートフォン「iPhone

次期iPhoneは小さなノッチに変更か、次世代TrueDepthカメラはiPad Proに搭載とも

Appleの次期iPhoneシリーズに搭載されるTrueDepthカメ

「iPhone 5c」の修理で16GBから32GBモデルになる可能性

Appleの「iPhone 5c」を修理に出すと16GBモデルが32G

2018年版iPhoneはQualcommからIntelに乗り換えか

2018年にリリースされるiPhoneは従来のQualcommからIn

アップル、iPhone Xの生産量を半減か―出荷台数伸びは低調

米アップルの最新スマートフォン『iPhone X』について、1~3月期

次期iPhoneシリーズ3モデル、ノッチなし6.1インチ版やRAM4GB搭載X Plusなど

Apple関連情報で有名なKGI証券アナリストMing-Chi Kuo

iPhone Xは値下げせず夏にも生産終了か、KGIアナリストが予測

Appleの最新情報で有名なKGI証券アナリストMing-Chi Ko

ソフトバンク iPhone 8が月額1048円に、5分かけ放題+データ定額1GB

タブクル管理人がXperia XZで契約したソフトバンク代理店「おとく

Apple、 iPhoneのバッテリー交換費用を3200円に値下げ

Appleが古いiPhoneに対して予期しないシャットダウンを防ぐため

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑