ソフトバンク決算、地球上で200Mbpsの衛星通信『OneWeb』へ投資を解説

公開日: : ソフトバンク

ソフトバンクグループは2月8日、2017年3月期 第3四半期 決算説明会の投資実績の中で海や砂漠などを含めた世界中で下り最大200Mbps/上り最大50Mbpsを実現する次世代低軌道衛星通信「OneWeb」への投資について解説を行いました。

SoftBank-news-20170211

スポンサーリンク

ソフトバンク決算、『OneWeb』への投資について

ソフトバンクは2016年12月19日のプレスリリースで、全世界にブロードバンドを提供できる衛星コンステレーションの構築を目指しているOneWeb Ltd.に対してソフトバンクから10億米ドル(約1,180億円)を出資(他の株主とあわせると総額12億ドル)、筆頭株主となったことを発表していました。

SoftBank-news-20170211.01

OneWebは、米国フロリダ州エクスプロレーション・パークにある同社の新工場において2018年から衛星の製造を開始する予定、新工場では一週間につき15基もの衛星を、従来の製造費と比較してもかなりの低コストでの製造が可能としています。

SoftBank-news-20170211.06

新工場のイメージ図

OneWeb構想

SoftBank-news-20170211.02

OneWebは36,000kmも離れた従来の静止衛星による通信ではなく、地球から1,200km離れた720基以上の低軌道衛星を配置することで低遅延で高速な通信を低コストで提供するとしています。

通信速度

SoftBank-news-20170211.03

OneWebの通信速度は下り最大200Mbps/上り最大50Mbpsとなり、ユーザーは飛行機や車などに搭載した専用アンテナを基地局として通信できるとしています。

SoftBank-news-20170211.05

孫社長はアンテナについて一般乗用車でも搭載できる小さいデバイスと強調。

SoftBank-news-20170211.04

海や空、砂漠であってもアンテナを設置すれば基地局として機能し、通信可能に。

通信エリア

SoftBank-news-20170211.07

通信エリアについて、OneWebは衛星のため最後の0%まで繋がるとしており、人口カバー率100%への希望ものぞかせていました。

孫社長はOneWebの低コストについて解説、通常の携帯キャリアが年間の設備投資費で1兆円から2兆円も使っているとしたうえで、OneWebは1年間の設備投資費と固定費はあわせて1,000億円程度だとしており、通信革命だと語りました。

Source:Softbank

ソフトバンクの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソフトバンク、PHS 新規契約を2018年3月末に終了と発表

ソフトバンクとウィルコム沖縄は4月20日、PHS事業について新規受付を

ソフトバンク決算、地球上で200Mbpsの衛星通信『OneWeb』へ投資を解説

ソフトバンクグループは2月8日、2017年3月期 第3四半期 決算説明

Y!mobile、スマホプラン通話無料で回数制限の撤廃を発表

 ソフトバンクとウィルコム沖縄は10月24日、Y!mobileの「スマ

ソフトバンク、格安スマホ向け回線料を3割超引下げへ―大手3社の接続料

 ソフトバンクが格安スマホ事業社向けに貸し出す通信回線の接続料を201

マイルが貯まる格安スマホ『ANA Phone』発表、ソフトバンク回線で12月スタート/料金プラン・端末

 ANAとソフトバンクMVNO”SBパートナーズ”は10月12日、利用

ソフトバンクから毎月1万円のナゾ請求「かざして募金」騒動が話題に

 ソフトバンクからの請求が高すぎるというユーザーが明細を見たところ、日

ソフトバンクがApple SIM用プラン「4Gデータプリペイド」発表

 ソフトバンクは9月14日、新たにApple SIM向けのプリペイド『

SoftBank、シニア向け5インチ『シンプルスマホ3』発表 – スペック

 ソフトバンクは8月23日、5インチIGZOディスプレイを搭載したシャ

国内初ソフトバンク回線MVNOサービス『Hitスマホ』発表、料金プラン

 飛騨高山ケーブルネットワークは8月10日、SBパートナーズとの協業に

ソフトバンク、iPadを「タブレットずーっと割」に追加すると発表

 ソフトバンクは7月28日、スマートフォンとタブレットのセット割引サー

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑