スマホでアップグレードできるタブレット、10.1型『Superscreen』登場―価格・スペック

公開日: : 周辺機器 ,

スマートフォンさえ最新機種にすればタブレットも同じ性能にアップグレードできるという個人向けシンクライアントといった感じの10.1型『Superscreen』がクラウドファンディング「キックスターター」に登場しました。価格・スペックを記録します。

superscreen-04

スポンサーリンク

10.1型『Superscreen』登場、価格・スペック

『Superscreen』はAndroidやWindowsといった単体で動作できるようなOSや、それを支えるCPU・メモリを搭載せず、iOS/Android搭載スマートフォンのセカンドディスプレイとして特化した外部スクリーン端末です。

superscreen-02

使い方はApp Store/Google Playで専用アプリをスマートフォンにダウンロード、『Superscreen』と同期させたら完了、2つの端末間は有線ではなくBluetooth 4.1によるワイヤレスで接続されます。

開発チームの説明によると『Superscreen』の2端末間のデータ転送は特許出願中の技術を用いており、Wi-Fiよりも高速で障害物に関係なく100フィート(30.48m)離れていても利用できるとしています。

スペック、主な仕様

superscreen-03

『Superscreen』の画面サイズは10.1インチ2K(2560x1600)解像度のタッチパネル液晶を搭載、スマートフォン上の映像を引き延ばして鮮明に映し出すとしています。また、スタイラスをサポート。

バッテリー容量は6000mAhで充電はUSB Type-Cから行います。

superscreen-01

インターフェイスは3.5mmイヤホンジャックとステレオスピーカー、Touch IDと呼んでいる指紋センサーを搭載。カメラは前面200万画素/背面500万画素でスカイプなどのビデオ通話が行えるとのこと。

Superscreenについて考える

Windows搭載のデスクトップやノートパソコンでセカンドディスプレイ製品(外部モニター)は古くから存在しており、AndroidではASUSがスマートフォンとタブレットを合体させて使う「Padfone」シリーズを2014年のCESで発表して話題になりました。

PadFone X_Scenario_2

参考:ASUS、5+9インチ合体タブレット『Padfone X』発表―スペックほか

『Superscreen』が新しいのは「最新スマートフォン97%と互換性」と自ら謳うように様々なスマートフォンのセカンドディスプレイになりえることで、それはスマートフォンの機種変更で新しいスペックの『Superscreen』にアップグレードできることを意味します。

もう1つは詳細を明らかにしていませんがiOSをサポートしていることではないでしょうか。

iPhoneにアプリをインストールするだけでBluetooth接続を使った『Superscreen』のセカンドディスプレイ化が実現すればAppleのタブレット端末「iPad」シリーズ販売に影響がでるかもしれません。

もちろんiPadやAndroidタブレットは筆圧感知や防水対応、分割画面といったタブレット独自のオプションをつけているため『Superscreen』が取って代わるような製品カテゴリーではないような気がします。

しかし、初心者向け書籍の売れ行きが良いように多くのユーザーはブラウジングや動画視聴、電子書籍、SNSといった日常アプリが使えればタブレットの目的を果たしている感じるように思えます。

熾烈な差別化競争の末にiPad Proのようなクリエイターやゲーマー向けに進化した今だからこそ受け入れられる製品かもしれませんね。

個人的にはiOS対応が実現するのか注目したいと思います。

価格・出荷時期

『Superscreen』はクラウドファンディング「キックスターター」で出資キャンペーンが開始されており、早期出資者向けのEarly Birdであれば99ドル(約1.10万円)+送料で入手可能としています。

出荷時期は2017年12月を予定しています。

クラウドファンディングの出資は製品の出荷が約束された売買契約ではないため注意が必要です。

Source:キックスターター

周辺機器の記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

DIYな携帯ゲーム機『GameShell』がキックスターターに登場、目標額の2倍に・スペック

中国ハイテク企業Clockworkがクラウドファンディング”KICKS

車のスマートキーが入る「薄い財布」探し3選 #ミニマリスト

私事ですが数か月前に車を購入、そしてスマートキーを入手したのですが分厚

Qualcomm Snapdragon 845は12月6日に発表か、イベントで常時接続PCデモの実施も

Qualcomm Incorporatedの子会社Qualcomm T

バンダイ、復刻版『祝20 しゅーねん! たまごっち』発表―発売日・価格

バンダイは11月15日、初代たまごっちを復刻した『祝20 しゅーねん!

クーポンあり、視聴制限できる9型 ポータブルDVDプレーヤー開封レビュー #DBPOWER

SDカードやシガーソケット電源が使えるリージョンフリー/CPRM対応の

サンコー、速暖10秒『電熱ヒーターライトジャケット』発表―価格・サイズ

サンコーは11月6日、襟と背中にヒーターを内蔵したライトジャケット「電

Broadcomがクアルコムを買収か、1000億ドル超えとも

Bloombergは米国時間11月4日、Broadcomがチップメーカ

『Airbibo 4ポートUSBハブ』開封レビュー、11/5までの2製品クーポンあり

アマゾンで自転車ホルダーからアウトドア製品まで販売しているAirbib

水ぶき対応『Airbibo フロアモップ』開封レビュー・感想、11/5までの2製品クーポンあり

アマゾンで自転車ホルダーからアウトドア製品まで販売しているAirbib

2日間限定クーポン、8時間再生のBluetoothイヤホン『EnacFire BT-515』開封レビュー

マグネットで吸着まとめて収納できる8時間再生のBluetoothイヤホ

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑